企業の省エネ 成功事例

株式会社山八様

事業内容金属加工
従業員数12名
所在地千葉県館山市薗863
TEL0470-20-3116

株式会社山八は、千葉県館山市にある金属加工工場。造船部品や食品タンクの部品、精密機械などを製造する。工場内には24台の加工機械があり、製造品目は常時10種類を超える。「モノづくりに限界なし」を合言葉に、職人一人ひとりが技能を磨き、それを若手に継承している。デマンドピーク対策を中心とした省エネの取り組みについて、工場長の伊藤浩伸氏に話を聞いた。

電気の見える化で、適切な使用量を把握 明確な基準が効率的なエネルギー管理につながる

省エネは二の次だった

 「電気代がかかるのは製造業だったら当たり前。製造に注力するなかで、省エネのことは二の次になっていました」と話してくれたのは、株式会社山八の伊藤浩伸工場長。一方で、製造量や季節によって生じる電気代の上がり下がりは常に意識していた。社内でも話題にあがることが多かったという。
 そうした状況のなかで、同社社長の鈴木菊次氏のもとに日本テクノから、SMARTMETER ERIA(以下、ERIA)の提案があった。デマンドピークが基本料金に反映される電気代の仕組みについて説明を受けた鈴木氏は驚きとともに「この仕組みであれば、電気の見える化は有効だ」と判断。伊藤氏もこの話を聞き、「慣れるまでは製造工程に多少の影響もあるだろう」と覚悟のうえで、それでも省エネに取り組んでみる価値はあると考えた。

省エネ意識が無駄を発見

 工場内には切削機械など全部で24台の工作機械がある。空調は夏場に大型の扇風機を持ち場ごとに使用しているが、電気の使用量を大きく左右するのは工作機械の運用だ。ERIA導入後、当時の契約電力108kWから目処をつけ、まずは目標値を80kWに設定した。しかしいつも通りの作業を進めていくと、すぐにERIAの警報が鳴った。「はじめのうちは、30分ごとに警報が鳴り、電話もかかってくる。これはまずいと思いました」。そこで伊藤氏は、作業の状況を確認して目標値を90kWに再設定。鈴木氏や現場の従業員と相談しながら、作業が終わった機械の電源を落としていった。
 「今までは、稼働していない機械でも、あとで使うだろうと、電源をいれっぱなしにしていることがよくありました」と伊藤氏。また水銀灯も、機械を設置していない場所や工具置き場の上も均一に点灯させていた。現在は機械の真上や作業が行なわれている必要最低限の場所だけを残して消灯。警報による取り組みで省エネを意識するようになると、さまざまな場所でこれまで電気の無駄遣いに気がつくようになった。

コンプレッサーのタンクを増設

 コンプレッサーの使用方法にも工夫が見られる。同社では以前、22kW出力のものを2台、15kWを1台、合計3台のコンプレッサーを使用していた。しかし現在は、エアタンクを増設して、コンプレッサー自体は22kWを1台でまかなっている。「これまではコンプレッサーで作った空気を、直接機械に送って使用していましたが、エアタンクに空気を貯めてから、必要なときに送り出す方法に変更しました」。こうすることで、使用する空気に余裕が生まれるので、常にコンプレッサーを稼働させておく必要がなく、台数の削減が実現した。タンク内の予備がなくなると、まとめてエアを作り貯蔵。この流れにより、稼働台数が減っただけでなく、コンプレッサーの空まわしもなくなった。

ERIAの色と予測機能が助けに

 「ERIAの色の変化が省エネを進めるうえで大きな助けになっています。また予測機能を使うことで、あせらずに対策を取ることができました」。同社では2メートルサイズの大型機械部品の製造も得意としており、そうした部品の製造には、当然大きな電力負荷がかかる。だからこそ、「電気を無駄なく使っていくことが大切」と伊藤氏は話す。
 最近は機械設備の増設や、従業員の増員も進めている。そうしたなかでも、契約電力を14kW削減、使用量も5.4%の削減を実現した。広い工場内では、持ち場の従業員一人ひとりの心がけがないと、機械や照明のつけっ放しが見過ごされてしまう。伊藤氏は「今後は現状やってきた省エネ活動を継続しつつ、LEDなどの設備改善も進めて行く。みんなと協力して、さらなる省エネを目指します」と展望を話してくれた。

導入実績

導入時期 2015年1月
契約電力 108kW(2013年)→94kW(2015年)14kW削減
使用電力 7万7339 kWh(2013年3~6月→6万9234 kWh(2015年3~6月)14,105kWh削減 18.2%削減
営業時間 8:00~17:00(休:土、日)

メディア情報

株式会社山八様の取り組みがテレビ番組「省エネの達人」で紹介されました。 番組を見る>>>

Copyright© NIHON TECHNO CO.,LTD. All Rights Reserved.