ERIA 導入事例

道の駅霧島 神話の里公園

事業内容道の駅
従業員数23名
所在地鹿児島県霧島市霧島田口2583-22
TEL0995-57-1711
URLhttp://www.shinwanosato.jp/

 鹿児島県霧島市にある「道の駅霧島 神話の里公園」。標高680mに位置し、錦江湾、桜島、晴天時は開聞岳までを一望できる。敷地には遊覧リフトやスーパースライダーなどアトラクションが揃い、売店「よかもん市場」では地元物産、レストラン「ほっと霧島館」では、霧島黒豚料理などの地元の味覚が楽しめる。夏はブルーベリー狩りを開催しており、一日ゆっくりと自然を感じながら過ごすことができる。さまざまな施設が点在する広大な敷地内で、どのように省エネ活動を行っているのか話を伺った。

猛暑で電気料金が高騰

 「2013年の夏、鹿児島県全体が猛暑に見舞われました。そして、翌月届いた請求書をみて、あまりの高額な電気料金に愕然としました。九州電力から13%の値上げが発表され、ある程度は覚悟していましたが、想定を上回る金額でした」そう話すのは総務課長の高橋清貴氏。まず九州電力に来てもらい、電気料金高騰の原因を聞いたときにはじめて電気料金のしくみについて知ったという。それまでデマンドピークは180kW以下に収まっていたが、197kWまで上昇。もとの契約電力に戻してもらえるよう願い出るも、1年間は据え置きという話を受け、高橋氏はさらに落胆する。当面はもとの契約電力へ戻すことを目標に省エネ活動に取り組んだ。

ERIA導入のきっかけ

 そう決意したものの、根本的な対策はわからないまま。猛暑の影響で、複数の空調が一斉に稼動したという予想はついたが、むやみに止めるわけにもいかない。いつどこでどのような使い方をしたために、デマンドが上がったのかがわからなければ対策のしようがなかった。そんなとき、旅行代理店から電気自動車の充電器設置の提案があった。ただでさえ、電気料金の高騰に悩んでいたため、設置は受け入れられない旨を打ち明けたところ、新たに提案を受けたのがSMARTMETER ERIA(以下、ERIA)だった。日本テクノの取次店でもある旅行代理店は、「ERIAがあれば、電気の使用状況が解明できて対策がうてる」と提案した。さらに省エネコンサルのアフターサービスもついてくると聞いて、高橋氏はすぐに導入を決めたという。

デマンドピークの原因と対策

 省エネ活動のスタートにあたって、まず日本テクノによる勉強会が開催され、各部門から多くのスタッフが参加した。そこではあらためてデマンドピークの原因と対策が説明された。以前、空調は営業開始から常に稼動しており、設定温度も気にしていなかった。空調の多重稼動が原因とわかったため、10時からレストランの空調を稼動させ、その後、売店を稼動させるというルールを設けた。警報の対応については、「まず事務所の空調を止め、事務所から各施設に連絡を入れます。それでも鳴り止まない場合は、私が車で各部門を回り、その場の状況に応じた対応を行っていきました」と高橋氏。その後も高橋氏が中心となって各部門を確認してまわり、混雑状況や体感温度を確かめて調整。設定温度が下がっているときは、さりげなくもとの温度に戻すなど、スタッフが通常業務に集中できるよう、警報への対策を一手に引き受けた。

さらなる省エネ活動に向けて

 高台にある南九州の神話を紹介する「神話館」では、以前は空調を稼動していた。しかし「風が気持ちいい」とのお客様の声を取り入れて、天窓を開けることで空調は稼動しなくなった。空調以外では、夏場の冷蔵冷凍庫の霜取りの時間の見直し、事務所を含めた一部の蛍光灯をLEDへ入れ替えた。省エネ活動の結果、197kWだった契約電力は147kWまで下がり、50kW削減。電力使用量は15.5%の削減を実現した。
 「広い敷地内で省エネ活動を行うには、私一人だけの力では限界があります。省エネ活動の意味をしっかりと把握してもらい、私がいないときでも同じような動きができるようこれからも啓蒙活動を続けていきます」。縁の下の力持ちという言葉がぴったりな高橋氏の挑戦は続く。

導入実績

導入時期 2014年4月
契約電力197kW(2013年)⇒147kW(2014年)50kW削減
電気使用量 425,208 kWh(2013年5月~2014年4月)⇒359,239 kWh(2014年5月~2015年4月)65,969kWh 15.5%削減
営業時間 9:00~17:00(休業日:なし 但し12/30・31はレストランのみ休業)

Copyright© NIHON TECHNO CO.,LTD. All Rights Reserved.