企業の省エネ成功事例

社会福祉・医療

省エネが生んだ介護設備・機材の充実

社会福祉法人宣長康久会 ささづ苑様

社会福祉・医療

省エネポイント

  •  LED照明の導入
  •  床暖房のピンポイント稼動
  •  新施設のZEB(ゼロエネルギービル)化

導入効果

SMART CLOCKが省エネの取り組みを支援

デイサービスセンターに設置された
SMART CLOCK

 ささづ苑は平屋建ての広い施設のため、SMART CLOCKを計3台導入。人の集まるスペースに配置し、スタッフの意識向上に活用している。「社会福祉法人は非営利団体のため、現場のコスト意識が薄いと感じました。電気を見える化し、日本テクノさんから具体的なアドバイスを受けることで、皆の意識を省エネに振り向けたい、そう考えてスマートクロックを導入しました」こう話す岩井広行施設長の前職は地方銀行勤務。約30年にわたって中小企業の経営について相談に乗っており、その経験が生きることとなった。

銀行出身の施設長が進めた「コストカット」

照明はLED化と同時に、適度な間引きも

 岩井施設長は省エネコンサルタントのアドバイスなどから、自施設へ流用可能なアイデアを探した。これらを元にまず取り組んだのが照明のLED化だ。お年寄りのため長時間にわたって隅々まで照らす必要性があり、照明の交換はもっとも効果が出やすいと考えた。結果、照明全体の約3割をLED化し、さらに天窓のあるスペースは間引きすることで、電気料金の引き下げに成功した。

浮いたコストが労働環境改善につながる

 さらに取り組んだのが、冬場の床暖房の使い方の改善だ。それまでは床暖房を壁のスイッチで画一的にオン・オフしていたため、利用者のいないスペースまで暖めるというムダがあった。これを配電盤のスイッチを活用してスペースごとにオン・オフするようスタッフに伝え、習慣化した。
 こうして圧縮したコストは、スタッフの労働環境改善に役立てている。同苑は富山県が認める「腰痛予防対策モデル施設」。スタッフの負担を抑えるリフト等は、「見える化・理解る化」によって浮いた費用で購入されている。

スタッフの負担を減らす設備・機材

Comment コメント

施設長 岩井 広行氏
現在建設中の特養ホーム「ささづ苑かすが」は、エネルギーを自給するZEB(ゼロエネルギービル)の高齢者施設として、省エネ新技術などを推進する「環境共創イニシアチブ」からモデルケースに採用されました。ささづ苑で培った省エネのノウハウを新施設でも生かし、介護業界全体の省エネモデルになれればと思います。

Company profile カンパニープロフィール

代表者 理事長 柳瀬 茂宣
事業内容 社会福祉業
従業員数 100名
所在地 富山県富山市

取材日:2017年1月
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノ株式会社の登録商標です。電気機器のご利用方法の詳細についてはメーカーにお問い合わせのうえ、安全性を十分にご確認ください。

お問合せ

日本テクノの製品・サービスに関するご質問、サービス導入のご相談など、お電話・WEBにて承っております。

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル 0120-308-512
受付時間:9:00-18:00(土日祝日を除く)

WEBからのお問合せ

下記お問合せフォームよりお問い合せください。

お問合せフォーム

Copyright© NIHON TECHNO CO.,LTD. All Rights Reserved.