「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。
今月のことば:「卒FIT」とは?

今月のことば:「卒FIT」とは?

「卒FIT」という言葉をご存知でしょうか?これは、太陽光などの再生可能エネルギー(以下、再エネ)の固定価格買取制度(通称「FIT」)が2019年11月で導入から10年が経過し、順次買取期間の満了を迎える現象を指しています。

FITとは、再エネで発電した電気を、電力会社が一定期間、一定価格で買い取ることを国が保証する制度です。電力会社が買い取る費用の一部を利用者から賦課金(再エネ発電促進賦課金)という形で集め、今はまだ発電コストの高い再エネの導入を支えています。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進むと考えられています。

それでは買取期間の満了を迎えた再エネは、どうすればいいのでしょうか。選択肢は主に、①自家消費、または②相対契約を締結し電力会社に引き続き売却(売電)するかの2通りです。以下太陽光発電を前提としてお話します。

まず自家消費は、家庭用の蓄電池を購入する必要があります。発電は太陽の出ている昼間しかできませんので、昼間に発電し余った分を蓄電池に貯め、夜間に使用します。また、電気自動車を所有している場合は、発電した電気でバッテリーを充電することも可能です。

一方、引き続き電気を売却する場合は、小売電気事業者などと個別に契約を締結し、余剰電力を買い取ってもらいます。買取企業名と金額は資源エネルギー庁のホームページに順次掲載される予定です。ただし、ここで問題となるのは売電の価格です。FITは広く国民へ普及を図るために高い買取価格が設定されていましたが、FIT期間満了後はJEPX(一般社団法人日本卸電力取引所)のスポット価格を参考にすると、同じ水準では契約できないことが予想されています。

すなわち、卒FIT後は、蓄電池や電気自動車などへ新たな投資をするか、それとも今より低い価格で売電するかを決めなくてはなりません。こうした問題が本年11月から徐々に表面化してきます。

関連記事

  1. Photo by photo AC

    今月のことば:エシカル消費

  2. 今月のことば:「砂漠化」とは?

  3. 今月のことば:「再生可能エネルギー 風力発電」とは?

  4. 今月のことば:「森林破壊」とは?

  5. 今月のことば:サンゴの白化現象とは?

  6. 今月のことば:「パリ協定」とは?

  1. ワクワクと感動提供の舞台裏では徹底してムダを改善

    2020.06.25

  2. 伝統を守り品質は落とさず業務は効率化

    2020.06.11

  3. 大事な部分は今も人の手、手間より電気のムダ省く

    2020.05.21

  4. 「客商売だからできない」→「客商売でもできることを探す」

    2020.05.07

  5. 成果は自分たち次第で不安…でも意外と簡単だった省エネ

    2020.04.23

  6. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  7. 佐世保市民に親しまれ65年、皆さまの“嬉しい”を大切に

    2020.03.26

  8. デマンドを上げないルールを決めて電気をスマートに使う【株式会社…

    2020.03.12

  9. 省エネは全社共通の課題。持続可能な活動を目指して【日本新薬株式…

    2020.02.27

  10. 省エネ成功の秘訣は運用改善と設備改善の相乗効果【スーパーQAさま】

    2020.02.13

  1. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  2. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  3. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  4. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  5. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  6. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  7. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省…

    2009.12.24

  8. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09