「もっと知りたいエコロジー」…過去に当社「省エネの達人 企業編」サイト内のコラムで紹介したテーマで、文字量の関係などで伝え切れなかったお話を掲載します。

食品ロス問題

まだ食べられる食品が廃棄されないようにするため「食品ロス削減推進法」が成立、今秋にも施行されることになりました。日本における2016年度の食品ロスは推計で643万トンにもおよんでいます。これは国連による途上国への年間食糧支援量の1.7倍にもなります。日本では残念なことに多くの食品が廃棄されているのです。

食品ロスはどこで発生しているのでしょうか。農林水産省と環境省の推計では、卸・小売り部門での消費期限切れや売れ残りが13%、外食部門での食べ残しや仕込みロスが21%、メーカー部門での製造工程のロス、返品が21%と、ここまでの合計で55%です。残りの45%は家庭部門からの食べ残し、消費期限切れによるものです。日本の食品ロスのうち半分近くが家庭から出ていることになります。

それではどうしたら食品ロスを減らすことができるでしょうか。企業側の取り組みを見てみましょう。最近話題となった大手コンビニエンスストアの取り組みとして、クリスマスケーキなど季節商品の予約販売制の導入や、消費期限の近づいたおにぎりやお弁当の実質的な割引などがあります。これらの活動が小売業界全体に波及していけば、その効果は大きくなるでしょう。

一方、消費者は食品ロスを出さないために、どうしたらよいでしょう。その答えは、無駄をなくすことではないでしょうか。当たり前かもしれませんが、「使わないものは買わない」「消費期限の近いものから使う」「捨てる前に何かに使えないか考える」「食べ残さない」を意識し、実践してみてはいかがでしょうか。

【省エネの達人 企業編】コラムVol.115「祝! 食品ロス削減法成立!食べ物のムダをなくしていこう」は下記アドレスからご覧ください。
http://www.eco-tatsujin.jp/column/vol115_r.html

関連記事

  1. Photo by photo AC

    今月のことば:エシカル消費

  2. 今月のことば:「地球温暖化」とは?

  3. 今月のことば:サンゴの白化現象とは?

  4. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  5. 今月のことば:「再生可能エネルギー 風力発電」とは?

  6. 今月のことば:「森林火災」とは?

  1. ワクワクと感動提供の舞台裏では徹底してムダを改善

    2020.06.25

  2. 伝統を守り品質は落とさず業務は効率化

    2020.06.11

  3. 大事な部分は今も人の手、手間より電気のムダ省く

    2020.05.21

  4. 「客商売だからできない」→「客商売でもできることを探す」

    2020.05.07

  5. 成果は自分たち次第で不安…でも意外と簡単だった省エネ

    2020.04.23

  6. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  7. 佐世保市民に親しまれ65年、皆さまの“嬉しい”を大切に

    2020.03.26

  8. デマンドを上げないルールを決めて電気をスマートに使う【株式会社…

    2020.03.12

  9. 省エネは全社共通の課題。持続可能な活動を目指して【日本新薬株式…

    2020.02.27

  10. 省エネ成功の秘訣は運用改善と設備改善の相乗効果【スーパーQAさま】

    2020.02.13

  1. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  2. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  3. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  4. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省…

    2009.12.24

  5. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  6. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  7. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  8. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09