「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:「砂漠化」とは?

地球の砂漠化が深刻な問題となっています。砂漠化とは、乾燥地域や半乾燥地域などで土壌が劣化し、植物が育たなくなり砂漠の面積が拡大していくこと。土壌が劣化していくことで、食物栽培ができなくなり、食糧問題につながっています。2015年時点で、土壌の劣化によって世界の食料生産が2035年までに12%減少すると予測されており、このまま砂漠化が進行すれば、世界で毎年264万ヘクタール(岩手県と秋田県を合わせたぐらいの面積)の耕作地が消滅するといわれています。

砂漠化は1970年代から問題となっており、国連環境計画は1977年に人間活動によってもたらされた砂漠の面積や砂漠化の影響を受けている人口など報告しました。この報告は国連砂漠化防止会議で行われ、それに伴い砂漠化の定義と砂漠化防止行動計画が採択されています。さらに1994年には国連砂漠化対処条約が採択されています。

砂漠化が起こる要因は、気候的要因と人為的要因に区分できます。気候的要因は地球温暖化とそれに伴う気候変動が主な原因です。近年、地球温暖化が進行したことで気温が上昇し、気候変動による影響で異常少雨や干ばつに陥る地域が増加しました。こうして大地の水分が失われてひび割れ、土壌の劣化が加速し砂漠化が進んだのです。一方、人為的要因は人間の生産活動が主な原因です。農作物を作るための過剰な耕作や開拓による土壌の栄養分の消費、限度を超えた過剰な放牧による植物や水資源の消費、過剰な伐採による森林の減少などです。

砂漠化は世界に影響を及ぼす問題であり、日本も決して無関係ではありません。砂漠化は、その周辺国などにも影響を与えます。たとえば、中国の黄砂が砂漠化の影響を受け、今後さらにひどくなる可能性があります。また先にも述べましたが、砂漠化は食糧問題につながっています。食料自給率が低い日本においては、深刻な問題になりかねません。砂漠化を対岸の火事ととらえず、まずは関心をもつことから始めてみましょう。

関連記事

  1. 今月のことば:「パリ協定」とは?

  2. 今月のことば:「ヒートアイランド現象」とは?

  3. 今月のことば:低炭素社会とは?

  4. 今月のことば:「森林破壊」とは?

  5. 今月のことば:「地球温暖化」とは?

  6. 今月のことば:「再生可能エネルギー 風力発電」とは?

  1. 従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  2. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  3. 開閉5秒以内!冷蔵室の運用改善で段階的な意識の進化

    2020.09.24

  4. 牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

    2020.09.10

  5. 「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員の特別賞与に

    2020.08.27

  6. 売上UPしながら電力量DOWN!「見える化」で曖昧が明確に

    2020.08.13

  7. 1℃の差が命取り。「見える化」で胡蝶蘭を美しく育てる

    2020.07.22

  8. 職員一人ひとりがコスト意識を持ち業務に取り組む

    2020.07.09

  9. ワクワクと感動提供の舞台裏では徹底してムダを改善

    2020.06.25

  10. 伝統を守り品質は落とさず業務は効率化

    2020.06.11

  1. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  2. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省…

    2009.12.24

  3. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  4. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  5. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  6. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  7. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  8. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20