「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:サステナビリティとは?

「サステナビリティ(Sustainability)」ということばを最近よく聞きますが、皆さんご存じですか。直訳すると「持続可能性」で、すなわち「続けていくことができる」という意味になります。私たちの社会と地球環境を、ずっと保ち続けること。それがサステナビリティです。

1987年、国連の環境と開発に関する世界委員会が、「私たちの共通の未来」という報告書を公表しました。ここで提唱したのが、「持続可能な開発(Sustainable Development=サステナブル・デベロップメント)」の考え方です。今回のことばサステナビリティが広く認識されるようになったのは、この報告書がきっかけとなっています。

人間がこのまま二酸化炭素などの温室効果ガスを排出し続ければ、地球温暖化が進行し、地球の環境は激変するといわれています。近年日本でも豪雨や大型台風などの異常気象で、甚大な被害がでています。そのような事態にならないように温室効果ガスの排出を削減し、美しい地球環境を後世に残そうというのがサステナビリティの考えです。

2015年9月には国連でSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)が採択されました。SDGsは、国連加盟193ヵ国が掲げた2016年から2030年の15年間で達成すべき目標で、17の目標と、それを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。地球全体で開発目標を考えるものであり、先進国も発展途上国も当事者としての活動が求められています。

SDGsへの取り組みは、国や自治体、企業だけの問題ではなく、市民一人ひとりの問題でもあります。皆さんも17の目標のうち身近なものから、具体的な施策を考え取り組んでみませんか。それがきっと未来の住みよい地球の維持、サステナビリティにつながっていくはずです。

関連記事

  1. 今月のことば:低炭素社会とは?

  2. 今月のことば:ラニーニャ現象とは?

  3. 今月のことば:「砂漠化」とは?

  4. Photo by photo AC

    今月のことば:エシカル消費

  5. 今月のことば:カーボン・オフセットとは?

  6. 今月のことば:「森林破壊」とは?

  1. 売上も使用電力量も増加、デマンドが上がらないのはなぜ?

    2021.01.21

  2. 生産性向上・省エネまで、見える化がもたらす波及効果

    2021.01.07

  3. 電気が見えてわかってきた「賢い電気の使い方」

    2020.12.24

  4. 省エネで地域医療と福祉・健康に貢献!

    2020.12.10

  5. 100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  6. 時代に合わせ販売手法やコストを見直し

    2020.11.12

  7. 【葬祭業】従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  8. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  9. 開閉5秒以内!冷蔵室の運用改善で段階的な意識の進化

    2020.09.24

  10. 【酪農業】牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

    2020.09.10

  1. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  2. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  3. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  4. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  5. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  6. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  7. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  8. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20