「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:海面上昇とは?

地球温暖化の進行により、海面の水位が上昇しています。この100年あまりの間に海水面は20㎝ほど上昇したと考えられています。また今後はより温暖化が進むと予測されるため、2100年にはさらに26~82㎝上昇するとみられています。
*IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次評価報告書より

現在既に、フィジー共和国、ツバル、マーシャル諸島共和国など海抜の低い島国で、高潮による被害が深刻になっています。海水が田畑や井戸に入り込み作物が思うように育たない、飲み水が塩水となるなど人々の生活に大きな影響が出ています。平均海抜が1.5mのツバルでは、2002年7月からニュージーランドへの移住も始まり、ツバル政府は「環境難民」であることを国際社会に訴えかけています。

海面上昇の原因は、主に水温の上昇にともなう海水の膨張や、山岳氷河・南極・グリーンランドの氷床の融解にともなう海水の増加と考えられています。気温が上昇することで海水温が高くなり、海水の体積が膨張し増加することは、海面上昇の要因の一つです。また、陸上にある氷河や氷床が解けてしまった場合、陸上の氷が水になり海へ流れ込むことによって、海面上昇につながります。氷河や氷床は、大陸や島などを覆うほどの大きさであるため、大きさによって重大な影響を与えます。

このまま地球温暖化が進み海面上昇が進行し続けると、より深刻な状況に陥ります。日本では1mの海面上昇で日本全国の砂浜の約90%が失われるとされています。40cmの上昇でも、120m分の干潟が消失すると予測されています。海岸に住む生物や付近に住む人々に深刻な影響を与えることになります。

海面上昇は地球温暖化が主因であるため、温暖化対策が海面上昇を防ぐことにつながります。海面上昇については、防波堤の増設などの物理的な対策をとることができますが、根本的な解決にはつながりません。地球温暖化の原因となっている温室効果ガスの削減を一人ひとりが心がけた社会が必要となってきます。

関連記事

  1. 保護中: 今月のことば:グリーン・リカバリー

  2. 今月のことば:低炭素社会とは?

  3. 今月のことば:「パリ協定」とは?

  4. 今月のことば:「森林破壊」とは?

  5. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  6. 今月のことば:アース・オーバーシュート・デーとは?

  1. 技術力・創造力の向上が省エネにも生きる

    2021.02.25

  2. 【卸売業】めざすのは花にまつわるすべての「生産性向上」

    2021.02.10

  3. 売上も使用電力量も増加、デマンドが上がらないのはなぜ?

    2021.01.21

  4. 生産性向上・省エネまで、見える化がもたらす波及効果

    2021.01.07

  5. 電気が見えてわかってきた「賢い電気の使い方」

    2020.12.24

  6. 省エネで地域医療と福祉・健康に貢献!

    2020.12.10

  7. 100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  8. 時代に合わせ販売手法やコストを見直し

    2020.11.12

  9. 【葬祭業】従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  10. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  1. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  2. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  3. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  4. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  5. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  6. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  7. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  8. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20