「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:アース・オーバーシュート・デーとは?

アース・オーバーシュート・デー(Earth Overshoot Day)は、ある年において人類による天然資源の消費量が、地球による生産量を超えてしまう日のことを指します。非営利の国際シンクタンクであるグローバル・フットプリント・ネットワーク(Global Footprint Network)が、毎年、何月何日にするか設定、公表しています。毎年アース・オーバーシュート・デーを設定、公表することで、世界中の人々に資源が有限であることを認識し、改善に取り組んでもらう狙いがあります。

算出方法は、多くのシンクタンクやNGOなどにより考え出されています。地球の人口やさまざまな経済データのほか、農水畜産物の生産に必要な土地や水域、木材を計算し二酸化炭素の吸収源となる森林などのデータをもとに算出します。

2020年のアース・オーバーシュート・デーは8月22日でした。これはこの日以降人類は天然資源の生産量を超えて消費しているという意味です。2020年は世界的に新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動が停滞し、二酸化炭素の排出量が減少したこともあり、2019年に比べ3週間ほど遅くなりました。ちなみに、2019年はこれまででもっとも早い7月29日でした。

人類は、地球が生産可能な資源を75%超えて消費しています。換言すれば、1年で地球1.75個分の資源を消費しています。この指標は国別にも公表されています。もし世界中の人々がその国と同じ生活を1年間した場合に必要な地球の数は、アメリカが5個分、オーストラリアが4.1個分、日本は2.8個分と地球全体の1.75個分より多くなっています。(2019年データより)

このアース・オーバーシュート・デーを通じて、どれだけ自然の恩恵を受け、資源やエネルギーを消費し過ぎているかをまず知りましょう。そして地球環境を守っていくためには、現状を変えていかなければなりません。国や地方自治体、企業に頼るのではなく、私たち一人ひとりがライフスタイルを見直していく必要があります。

関連記事

  1. 今月のことば:グリーン・リカバリー

  2. 今月のことば:「卒FIT」とは?

    今月のことば:「卒FIT」とは?

  3. 今月のことば:カーボン・オフセットとは?

  4. Photo by photo AC

    今月のことば:エシカル消費

  5. 今月のことば:低炭素社会とは?

  6. 今月のことば:サステナビリティとは?

  1. 徹底したベースづくり。省エネが経営改善の切り口に

    2021.05.06

  2. 決めた省エネルールをしっかり守り、生産に集中

    2021.04.22

  3. 1部署のコスト改善が大きな財産に。オフィスの省エネ術

    2021.04.08

  4. 空調のパネルを操作する中野氏

    全員の省エネ活動につながった「節電新聞」

    2021.03.25

  5. 日本の水産業のためにデマンド抑制と使用電力量削減

    2021.03.11

  6. 技術力・創造力の向上が省エネにも生きる

    2021.02.25

  7. 【卸売業】めざすのは花にまつわるすべての「生産性向上」

    2021.02.10

  8. 売上も使用電力量も増加、デマンドが上がらないのはなぜ?

    2021.01.21

  9. 生産性向上・省エネまで、見える化がもたらす波及効果

    2021.01.07

  10. 電気が見えてわかってきた「賢い電気の使い方」

    2020.12.24

  1. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  2. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  3. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  4. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  5. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  6. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  7. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  8. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10