学生への思いと省エネ活動の両立【学校法人 北海道武蔵女子学園 北海道武蔵女子短期大学さま】

学校法人 北海道武蔵女子学園 北海道武蔵女子短期大学さまの導入事例 [Case 296]

北海道札幌市にある北海道武蔵女子短期大学には、教養学科(図書館司書課程・ビジネス教養課程付設)、英文学科、経済学科の3学科がある。すぐれた知性、清純な気品、実践への意欲という「知、情、意」を兼ね備えた教養豊かな現代女性の養成を教育理念として、約800名の学生が学ぶ。学生の就職先には大手企業が並び、就職率も高い。校舎は1号館から5号館まであり、その他に図書館や体育館がある。広い施設の省エネ活動を切り盛りする総務課の佐藤大輔氏にお話を伺った。

■ 導入効果■
契約電力 322kW(2013年)⇒277kW(2015年)
-45 kW改善
電気使用量 66万9735kWh(2012年4月~2013年3月)
⇒64万8494kWh(2014年4月~2015年3月)
-2万1241kWh (3.1%) 改善
導入時期 2013年4月
営業時間 7:00~20:00(休業日:日・祝)
日本テクノとの出会い

校内の電気設備工事会社からの紹介で日本テクノを知ったが、当初は「そんなに良い話があるわけないと半信半疑でした」と佐藤氏。しかしながらよくよく話を聞くと、わずかな手間や取り組みで電気代の値上げ分をほぼカバーできる削減効果が見込めることがわかり、「取り組みに動くタイミングを教えてくれる時計(SMART CLOCK)が面白い」と導入に踏み切った。設置されると教員や学生までもが「この時計は何ですか」と事務室を覗き込んで聞いてくる。「電気の使い過ぎを教えてくれる時計です」と答えると興味津々で、しばらく眺めていく。多くの方に興味を持ってもらうことはできたが、佐藤氏にとっては、削減実績を出していくことが重要だった。

デマンドピークを乗り切る

佐藤氏の席の右斜め前の壁にSMART CLOCKを、左脇にあるストレージにSMARTMETER ERIA(以下ERIA)を設置している。なんといっても冬のデマンド対策が一番である。大講義室が2つあり、その2つが同時に使われるときの電気使用量は大きい。空調が各6基あり、授業や食堂の営業時間と重なると警報が鳴る。空調の集中管理盤で授業の無い教室や事務局の空調を消し、不要な照明が点いていないか確認しながら校内をまわる。この徹底でピーク対策をとっていた。そして最大のピークである正月休み明けの初日。校舎内が完全に冷え切っているため、空調を一斉に立ち上げる初日に最大のピークが発生する。導入して最初の年は、優先順位を決めて立ち上げ、警報がなると消して、また点けることを繰り返した。2年目からは休みが明ける2、3日前からボイラー管理者に依頼して数時間ずつ空調を入れて、少しでも校舎を暖めてもらい、初日を迎えるようにしている。こうした取り組みからデマンドピークの大幅な削減実績を出すことができた。

学生の快適性と省エネ活動の両立

人気の食堂は、3号館最上階の5階にある。300名以上の席が用意された大きな空間で、窓からの景色もよく、リーズナブルな料金設定と栄養バランスを考慮したメニューが提供されている。空間が広いことで空調管理が非常に難しいが、寒いと学生も美味しい食事を落ち着いて食べることができない。また、一斉につけると一気にデマンドがあがるので、教室や廊下の空調を消すことになる。「学生には、しっかりと勉強ができ、ゆっくりと食事ができる空間を提供したい」との思いから、食堂の空調立ち上げを時間差で行うことにした。「手間はかかりますが、学生の快適性と省エネ活動を両立させるためには、多少の苦労は必要です」と笑顔で話す。

意識改革と環境教育

校内にポスターがいくつか掲示してある。学生向け、教員向け、非常勤講師向けまで用意されている。「節電へのご協力のお願い」には、『使用していない教室等の消灯』と明記し、教員向けには、授業中の温度設定などもお願いしている。しかし、広い校舎内では教室や受けている学生によっても体感温度は異なり、厳密に設定温度を守るかどうかはそれぞれの判断に任せざるをえないのが実状だ。その結果、「他の教室は設定温度が高いのに、私だけ守っても意味がないね」という声が出てしまうのも事実である。守っていない方に対しても、学生のためを考えてのことなので強くは言いにくい。快適さと省エネのバランスの取り方が課題である。佐藤氏は、省エネ活動とエネルギーマネジメントを組み合わせた環境教育は出来ないだろうかと考えている。ますます深刻化する地球温暖化現象による異常気象は年々大きな被害を出している。その一助として、学生、教員、職員という垣根を越えて学校を運営する全員が省エネ活動に取り組んでいくことが理想の姿だ。

Company profile
代表者 理事長 篠田 泰伸
事業内容 短期大学
従業員数 48名(専任教職員数)
所在地 北海道札幌市北区北22条西13丁目
URL http://www.musashi-jc.ac.jp/

取材日:2015年3月

商品・サービスの詳細や導入について
お気軽にご相談ください
お問い合せ
商品・サービスの詳細や導入について
資料(PDF)をダウンロードいただけます
資料ダウンロード

関連記事

  1. 電気の「見える化」が業績向上にも貢献!

  2. 【酪農業】牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

  3. SMARTMETER ERIAが電気と真剣に向き合うきっかけに【株式会社関西電工さま】

  4. 大事な部分は今も人の手、手間より電気のムダ省く

  5. 社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま

    昼夜の目標値を使い分けて、省エネ意識に緩みなし!【社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま】

  6. 100年企業から200年企業へ、日々挑戦

  1. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  2. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  3. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  4. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  5. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  6. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  7. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  8. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09