電気の「見える化」が全体のコスト見直しへ導く【株式会社サンメディック サンホーム小郡さま】

株式会社サンメディック サンホーム小郡さまの導入事例 [Case 404]

■ 省エネポイント

  • 警報時は事務室や廊下の空調を調整する
  • 冬は空調の温度を22℃に設定
  • 夜間も空調を稼働させておく

■ 導入効果

全体スペースの4割にあたる共用部分内だけで省エネ

2005年、サンホーム小郡は終身型介護付有料老人ホームとして開設。2012年、省エネを目的にSMARTMETER ERIAを導入した。施設長の能間哲弥氏は「大前提は入居者の暮らしを守ることで、居室は省エネの対象としない。さらに介護士は本業に集中してもらうため、活動を強要しないと決め、事務員2名と省エネに取り組み始めました」と話す。

互いに敬意を払いそれぞれが使命を果たす

夏は気温の上昇とともに日中の使用電力量が高くなるが、事務室や廊下の空調を調整することで、順調に契約電力を抑えられた。しかし、冬になると事務員の勤務していない夜間に警報が鳴った。18時以降は介護士が2名体制になり、朝食に合わせて5時から利用者50名の身支度を始める。同時刻に空調を立ち上げていたことから警報が鳴っていたが、忙しく気付かなかったという。それから空調は22℃に設定、特に冷えそうな日は、夜間も稼働させておくことで使用電力が急上昇しないよう事前に対策をとった。「事務員はこれまで努力してきたので、悔しかったと思います。しかし、入居者を直接支援できない自分たちは、コストの見直しを図ることが使命だと認識し、粘り強く省エネに取り組んでくれました」。
  

事務員2名から全体に広がった省エネ活動

引き続き、介護士には警報時の対応を依頼しなかったものの、電気料金の仕組みを伝え、「明日は冷えそうだから、警報が鳴るかもしれない」と一声かけるようになった。少しでも電気の使い方を意識してほしいという事務員の思いからだった。そうした思いが通じ、導入から5年、いまでは利用者が居室を離れるときは、介護士が空調を停止するようになっている。「居室の電気代は入居者の負担になる当館のような施設ではコスト意識が薄れがちになりますが、電気の“見える化”が消耗品などのランニングコストを見直すきっかけになりました」。

Comment コメント
施設長 能間 哲弥氏
今後は入居者だけでなく、職員にとっても快適な施設をつくっていきたいと考えています。具体的には施設の環境を整備し、よりよい人間関係や制度を整えること。介護士が不足しているいま、それが入居者の本当の幸せにつながると思います。
Company profile
代表者 施設長 能間 哲弥
事業内容 終身型介護付有料老人ホーム
従業員数 35名
所在地 福岡県小郡市

取材日:2018年1月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 成果は自分たち次第で不安…でも意外と簡単だった省エネ

  2. SMARTMETER ERIAが電気と真剣に向き合うきっかけに【株式会社関西電工さま】

  3. 「見える化」で業務を把握。使用電力量と生産量が反比例【福豊帝酸株式会社さま】

  4. 職員一人ひとりがコスト意識を持ち業務に取り組む

  5. 社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま

    昼夜の目標値を使い分けて、省エネ意識に緩みなし!【社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま】

  6. 直感的で負担が少ない。成果は福利厚生で還元【医療法人大和正信会 ふじおか病院さま】