「見える化」で業務を把握。使用電力量と生産量が反比例【福豊帝酸株式会社さま】

福豊帝酸株式会社さまの導入事例 [Case 416]

■ 導入効果「電気の「見える化」で業務の流れを把握」

導入時期2010年4月

■ 省エネポイント

    • タンクローリーの受け入れにルールを設ける
    • グループウェアで「省エネ情報」の配信や「エコタイム」を告知
タンクローリーの受け入れ時間をルール化

福岡県飯塚市にある福豊帝酸株式会社。2010年にSMARTMETER ERIA(以下、ERIA)を導入し、省エネ活動を進めてきた。産業用ガスを製造する現場では、高圧ガス充填装置や検査機などが並び、事務所の空調と、液化ガスを搭載したタンクローリーの受け入れ作業でモーターポンプの稼働が重なると、デマンドピークとなる。そこで管理部の木下二郎氏は、タンクローリーの受け入れ時間にルール(制限)を設け、20分~40分と50~10分は作業を行わないよう事業者へ伝えた。

グループウェアを活用した「エコタイム」

「電気の“見える化”でさまざまな対策を立てることができたほか、仕事の流れも見えてくるようになりました」。木下氏は、ERIAから得た情報を従業員へ広く伝えるため、社内のグループウェアで省エネ情報の配信を開始。その1つが「エコタイム」の実施だ。夏季(16時~17時)冬季(17時以降)は、使っていない場所の電気の省エネを徹底するよう呼びかけた。「毎日の意識づけ、その積み重ねこそが省エネの真理と信じて取り組んでいます」。同社は、2016年にSMART CLOCKを導入。それまでタイムリーな電力の使用状況は一部にしか伝えられていなかったが、より多くの従業員に伝わるようになると考え、導入を決めた。

少ない使用電力量でより多くの生産を実現

同社は近年、働き方改革の一環として業務改善を行っており、残業時間も短縮されているという。従業員の勤務時間が短くなれば、使用電力量も少なくなる。「生産性は間違いなく向上しています。少し大げさですが、電気の“見える化”により業務の進め方、働き方が変わりました」と木下氏。産業用ガスを中心とした生産量は年々右肩上がりで増加しているが、使用電力量は反比例しているという。このデータが同社の好調な業績を示している。

Comment コメント
管理部 総務・企画Gr 主査 木下 二郎氏
目標デマンド値を超えないだけではなく、省エネも意識するため「45kW」という数値を目安にしており、「45kW」を超える回数は年3回以内を目標に活動を続けています。生産量が増えており、大幅な省エネは難しいですが、さらなる生産性の向上が私のモチベーションです。
Company profile
代表者 代表取締役社長 宮嶋 寛幸
事業内容 産業用ガス製造
従業員数 90名(2018年3月現在)
所在地 福岡県飯塚市

取材日:2018年3月

関連記事

  1. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた取り組みで省エネを推進

  2. 常木鍍金工業株式会社 川口工場さま

    運用・設備改善の相乗効果で電力使用量約4割の削減【常木鍍金工業株式会社 川口工場さま】

  3. シャッター扉の開閉を終えてから空調をONに

    生産性の向上に電気の見える化が貢献【株式会社スチールテックさま】

  4. SMART CLOCKは1・2階に各2つを設置

    目的に沿って議論を深め働き方まで改革【こだま産業株式会社さま】

  5. 従業員が導いた契約電力1/4削減 やる気が出る組織づくり【進栄化工株式会社 鶴見工場さま】

  6. 酒造りはパズルと同じ 最適な組み合せを探り当てる【瑞穂酒造株式会社さま】