売上UPしながら電力量DOWN!「見える化」で曖昧が明確に

ライオン化学工業所さまの導入事例 [Case 427]

■ 導入効果

導入時期2013年11月

■ 省エネポイント

    • それぞれの機械の消費電力を把握する
    • 材料に応じて機械の稼働をずらす
    • コンプレッサーのエア漏れを音で確認する
瞬時デマンドから機械の消費電力を把握

 ライオン化学工業所は合成樹脂の製造加工会社。
「以前から電気料金は気になっていたものの、どのように改善すればよいかわかりませんでした。一つひとつにメーターを設置することもできましたが、日本テクノの電気の“見える化”は、全体の使用量がひと目でわかる。そのわかりやすさにも惹かれ、2013年から省エネ活動に取り組み始めました」(工場長 吉原巧氏)。
工場にはプラスチック加工に関する機械が20台。まずはSMARTMETER ERIA(以下、ERIA)に表示される瞬時デマンド値を見て、それぞれの消費電力を把握することから始めた。

原料に応じて機械の稼働を調整

 以前から予想していたが、加工する材料が固い原料、融点の温度が高い原料は機械に負荷がかかり、デマンドピークになりやすいことが改めて明確になった。当初はアラームが鳴ると、吉原氏が現場へ行き一時的に機械を停止させていたが、今では従業員も原料に応じてピークを予想できるようになり、立ち上げや入れ替えのタイミングなどをずらして対応している。

定期的にコンプレッサーのメンテナンスを実施

 また、使用電力量の改善にも取り組む。営業が終了し機械が停止すると、吉原氏はコンプレッサーのエア漏れを音で確認。該当箇所を見つけると配管を交換したり、テープを巻いたりすることでコンプレッサーの無駄な稼働を抑えている。
 「世間で働き方改革が議論されているのと同様に、当社でも生産性の向上をめざしています。同じ従業員数、限られた時間のなかで、どれだけ成果を上げられるか。設備投資も進めながら、従業員のモチベーションを上げられる制度を整え、会社を成長させたいと考えています」。

Comment コメント
工場長 吉原 巧氏
プラスチックは原料価格に合わせて、日々収益が変動します。また、新入社員には技術を継承していかなければならない。引き続き省エネ活動を進行させるだけでなく、福利厚生の充実化や時間の使い方などを見直し、売上を増大させていきたいです。
Company profile
代表者 吉原 ヨシエ
事業内容 合成樹脂加工原料販売
従業員数 12名(2018年6月現在)
所在地 佐賀県鳥栖市

取材日:2018年6月

関連記事

  1. SMARTMETER ERIAが電気と真剣に向き合うきっかけに【株式会社関西電工さま】

  2. 3点集中型の省エネ。効果の高い取り組みを優先【宮川バネ工業株式会社さま】

  3. 「見える化」で業務を把握。使用電力量と生産量が反比例【福豊帝酸株式会社さま】

  4. 社長自らのDIYで経費のムダをそぎ落とす!【有限会社ホワイトさま】

  5. 生産性向上の秘訣はメリハリ。使うべきときに備えて省エネ【進興鍍金工業株式会社さま】

  6. シャッター扉の開閉を終えてから空調をONに

    生産性の向上に電気の見える化が貢献【株式会社スチールテックさま】