【製造業の省エネ】自動制御から「見える化」にして、生産性が向上

株式会社九飛勢螺 鹿児島工場さまの導入事例 [Case 454]

■ 導入効果


*導入時期:2017年12月、取材時期:2019年5月

■ 省エネポイント

    • 「見える化」で生産工程見直し
    • 生産工程見直しで生産性向上
    • 自動制御より「見える化」
巨大なねじ工場
平均月産1億本のドリルねじを生産する九飛勢螺(きゅうぴせいら)鹿児島工場。6~7割が受注生産品で海外からの注文が多く、主に建物の外壁や電設工事に使用される。繁忙期は夜間操業があり、騒音対策を兼ねて工場を山奥に建設し、約130名の従業員が働いている。独自開発した「ピアスビス」ブランドは、お客さまの要望に応え続けて30年以上の歴史がある。加工技術が異なるねじの製造は分業が主流だが、独自開発のねじはすべての工程を自社で行うことから多くの電気が必要となる。

製品の一例

「見える化」で生産工程調整
 以前はデマンドコントローラーを導入していた。デマンドピークに近づくと、ねじの製造機械が自動停止する。便利ではあるが、電気が止まると仕上がりにムラが出るため廃棄ロスや再起動から安定稼働するまでの時間ロスがあった。電力の使用状況に応じて機械を自分たちでコントロールすれば、こうしたロスがなくなるとSMART CLOCKの導入を決めた。導入当初は、色を見ながら稼働を調整していたが、今はどのねじをいつ生産するか決めることでデマンドピークを抑制できるのか想定できるようになり、事前に夜間と昼間に稼働させる機械を調整し、納期厳守とコスト削減の両方が実現できている。

事務所にあるSMART CLOCK

人員配置変更でも生産性向上
昼間と夜間の稼働を調整するために人員配置も変更した。特に欧州への輸出品に関しては、出荷からお客さまの手元に届くまでに約3ヵ月かかる。欧州の冬は雪が多いため、春先から秋口までに工事が集中し、ねじの発注は夏と冬に集中する傾向がある。
「空調や照明など他の使用電力量も増えるタイミングなので、 どれだけ注意してもSMART CLOCKが赤くなることもありますが、その経過を見て事前に調整することが可能なため、 電気の“見える化”は有効です」。

工場の中央にある守り神・楠の大樹

Comment コメント
常務取締役 仮屋 裕樹氏
ねじに関する製造ノウハウが私たちの競争力の源泉です。 長さ、幅、強度、素材など複雑な要素が絡むため、今では設計図面は7,000枚を超えています。これもお客さまの要望に応え続けた結果です。伝統も大事にしながら、独創性とチームワークでこれからもお客さまの要望に応えていきます。
Company profile
代表者 代表取締役社長 新城 公生
事業内容 ねじ製造
従業員数 130名(2019年5月現在)
所在地 鹿児島県鹿児島市
商品・サービスの詳細や導入について
お気軽にご相談ください
お問い合せ
商品・サービスの詳細や導入について
資料(PDF)をダウンロードいただけます
資料ダウンロード

関連記事

  1. 呼びかけのキーワードは”エコタイム”です

  2. 【酪農業の省エネ】牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

  3. 【製造業の省エネ】技術力・創造力の向上が省エネにも生きる

  4. 【製造業の省エネ】従業員が導いた契約電力1/4削減 やる気が出る組織づくり

  5. 【製造業の省エネ】省エネ3方策「運用・調達・設備」改善を実現!

  6. 浜正機工株式会社

    【オフィスの省エネ】電気の「見える化」をきっかけに進む環境改善

  1. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  2. 【小売業の省エネ】省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改…

    2019.10.10

  3. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    【ホテルの省エネ】これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協…

    2017.06.25

  4. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  5. 【小売業の省エネ】「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  6. 【製造業の省エネ】(株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再…

    2014.01.24