同じ失敗は繰り返さない 省エネでPDCAサイクルを強化 【社会福祉法人東和仁寿会 特別養護老人ホーム東和荘さま】

社会福祉法人東和仁寿会
特別養護老人ホーム東和荘さまの導入事例 [Case 399]

■ 省エネポイント

  • まず職員の活動スペースの空調を停止
  • 利用者に配慮し警報時は音楽を流す
  • 空調は朝5時から30分おきに立ち上げる

■ 導入効果

思わぬ電気料金の上昇が導入のきっかけ
共用スペースに設置されたSMART CLOCK

共用スペースに設置されたSMART CLOCK

2012年、施設の増築に伴い新たに設置した空調を一斉に試運転したところ、大幅に電気料金が上昇した。当時、デマンド制を理解していなかった施設長の伊藤芳江氏は、こう振り返る。「一時的な使用であっても、契約電力が上がってしまうことに驚きました。ちょうどその頃、日本テクノさんが営業に訪れ、職員の前で電気料金の仕組みについて説明してくれたのです。この出来事が電気の使い方を見直すきっかけとなり、契約しました」。

警報に代わって音楽を流すのが東和荘流
SMARTMETER ERIAの近くには放送機器

SMARTMETER ERIAの近くには放送機器

冬場は石油ストーブを使用しており、夏場に使用電力のピークを迎える。施設が広いためSMART CLOCKを4台導入し、複数の場所から同時に電力の使用状況を確認できるようになった。各棟の共用スペースにSMART CLOCKを設置すると、厨房を使用する朝夕のほか、気温が高くなる11時頃にも赤く光った。その際は、まず職員専用の食堂や事務所の空調を停止している。また、警報時には利用者に配慮して館内に音楽を流す独自のルールを設けている。

省エネ活動でPDCAサイクルを強化
設定温度は28℃、空調は30分おきに立ち上げ

設定温度は28℃、空調は30分おきに立ち上げ

利用者の体調管理にあたり、職員に快適な環境を保つよう指示する伊藤氏だが、7月の会議で「暑ければ空調をつけること」を呼びかけると、翌日一斉に稼働したことで警報が鳴ってしまった。事務長の佐々木ひとみ氏は「事前に夏場の省エネルールを決めていなかったことが原因です。朝5時、利用者が活動するスペースから30分おきに空調を立ち上げるルールを設けました」と話す。同施設では同じ失敗を繰り返さないよう、すぐに改善策を立て実行してきた。電気料金の上昇をきっかけに始まった省エネ活動だが、LED照明の導入のほか、職員の省エネ意識が定着し、使用状況に応じて細かく消点灯を切り替えるなど、使用量の削減にも成功している。

施設長 伊藤芳江氏(右)/ 事務長 佐々木ひとみ氏(左)

施設長 伊藤芳江氏(右)/事務長 佐々木ひとみ氏(左)

Comment コメント
まず事務所の空調を停止しているため、訪問される業者さんには暑い思いをさせてしまい、心苦しいときもあります。しかし、介護報酬の引き下げなどにより、支出を減らさなければならないのも現実。利用者の暮らしを守りながら、水面下で努力を続けていきたいです。

Company profile
代表者 施設長 伊藤芳江
事業内容 社会福祉業
従業員数 110名
所在地 岩手県花巻市

取材日:2017年11月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をPDFでダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. お客様の快適な滞在環境を守る

    スタッフが取り組みやすいよう “ルールは2つ”で170万円削減【岩手鶯宿温泉 長栄館さま】

  2. 契約電力3分の1 削減。電気の時間割とは!?【社会福祉法人 西友会 特別養護老人ホーム あいのうらさま】

  3. 電気の「見える化」が全体のコスト見直しへ導く【株式会社サンメディック サンホーム小郡さま】

  4. デマンド閲覧サービスでスタッフの生産性が向上【指宿フェニックスホテルさま】

  5. 直感的で負担が少ない。成果は福利厚生で還元【医療法人大和正信会 ふじおか病院さま】

  6. 一度は下げた使用電力量 さらなる上積みを図る【株式会社鍜治商店 カジマート みなみ店さま】