電気使用量を下げ続ける 設備改善と人の工夫【ホテルサンパレス球陽館さま】

ホテルサンパレス球陽館さまの導入事例 [Case 382]

■ 省エネポイント

  • チラー式から個別空調へ切り替え
  • 毎年省エネ意識を新たにする「勉強会」
  • ロビーの吹き抜けにサーキュレーター活用

■ 導入効果

費用対効果の高い設備改善に着手

個別タイプの空調に切り替え、経費を大幅削減

個別タイプの空調に切り替え、経費を大幅削減

那覇市中心部にあるホテルで、沖縄の文化や歴史を感じる空間や食事、サービスを提供する「沖縄ロハススタイル」がモットーだ。建物の空調は1948年の創業当時より冷却水を全室で循環させるチラータイプを使用していたが、ホテルの稼働率に関係なく動くので、ムダが多かった。金城仁社長は2011年約2500万円をかけて、個別タイプに交換。結果は年間で600万円近い電気料金の削減を実現した。ここから一層の省エネを推進すべく、日本テクノのSMARTMETER ERIAを導入した。

勉強会がスタッフの自主性を引き出す

日本テクノによる勉強会(毎年実施)

日本テクノによる勉強会(毎年実施)

「日本テクノのサービスを導入して一番良かったのは営業担当による勉強会です」と金城社長。最初に電気料金の仕組みを理解し、その対策についてアドバイスを受けながら効果を検証した。これによりスタッフからロビーや客室、廊下の空調運用法など、次々とアイデアが出たという。勉強会は毎年夏前に実施しており、これに参加することでスタッフは、毎年新たな気持ちで省エネに取り組んでいる。

空調利用を厳密にルール化

ロビーは混雑具合を見ながらまめに温度を調整

ロビーは混雑具合を見ながらまめに温度を調整

勉強会の結果を受け、空調の運用手法の改善が図られた。ロビーの吹き抜けは空調負荷が大きいためフロントスタッフが室内温度に合わせてこまめに温度調整を行いながら、サーキュレーターを併用することで稼動効率を高めている。客室の空調はチェックアウト後に支配人が最上階から巡回し、必ずオフにする。
ホテル西側の客室は清掃後、室温上昇防止でカーテンを引くが、入室時にお客様が暗く感じないよう、10cmだけ開けておく。廊下の空調は、14時につけて、24時にはすべて切ることをルール化している。

金城 仁氏

金城 仁氏

Comment コメント
当館は「人にやさしい」「環境にやさしい」「郷土にやさしい」を柱にした「沖縄ロハススタイルホテル」で、空調の見直しもそうですが、時代に合わせた省エネに取り組んでいます。これからも沖縄の歴史と文化を発信しながら、沖縄らしさを空間、食事、サービスにまで浸透させていきたいと思います。
Company profile
代表者 代表取締役社長 金城 仁
事業内容 宿泊業
従業員数 40名
所在地 沖縄県那覇市

取材日:2017年4月

関連記事

  1. シャッター扉の開閉を終えてから空調をONに

    生産性の向上に電気の見える化が貢献【株式会社スチールテックさま】

  2. 従業員の気持ちを1つにする日本テクノの省エネ支援【株式会社茂木鉄工所さま】

  3. お客様の快適な滞在環境を守る

    スタッフが取り組みやすいよう “ルールは2つ”で170万円削減【岩手鶯宿温泉 長栄館さま】

  4. ムダはしっかり省きリゾートの楽しさを演出【風待ちの湯 福寿荘さま】

  5. 電気の「見える化」が全体のコスト見直しへ導く【株式会社サンメディック サンホーム小郡さま】

  6. パチンコ業界は競争激化、自らできる改善を重ねる【荒井商事株式会社ブラジャン戸塚店さま】