電気の「見える化」で電気料金削減+意識改革の効果

株式会社サトウ精機さまの導入事例 [Case 379]

■ 省エネポイント

  1. 冬の空調はタイマーを活用し冷えるエリアから
  2. 空調の吹き出し口にシーリングファンを設置
  3. 作業内容に応じて照明を調整する

■ 導入効果

|取材時期:2017年4月|導入時期:2012年9月|

省エネのタイミングを知らせるSMART CLOCK

 精密部品加工を行う株式会社サトウ精機には、40台の工作機械がある。排熱するマシンが多く工場内は暖まりやすいため、デマンドピークは夏場の日中だと思い込んでいた。しかし、SMART CLOCKを導入すると、警報が鳴るのは冬場の始業時。電気の「見える化」によって、集中的に省エネ活動を行うべき時間帯が明確になった。

工場でも電気の使用量を把握

適時適所を意識した省エネの取り組み

 デマンドピークの原因は、マシンと空調を同時に立ち上げていたことだった。そこで空調は6:30から30分おきに稼働するようタイマーを設定。工場内で日が当たらない場所、排熱のないマシンが置かれているエリアから順次暖めるようルールを決めた。また、集中管理から個別操作に切り替え、現場ごとにこまめな調整が可能に。さらに、吹き出し口にはシーリングファンを設置し空気を循環させる工夫も行った。
 2014年、照明をLEDに入れ替えた。作業内容に応じて1灯につき蛍光灯を2本から1本へ、または完全に間引きして、それまで600本あった蛍光灯を400本まで減らすことができた。消費電力の高い水銀灯は、吊り下げ式の照明を代用するなどして、不便さを感じることなく大幅な電気料金低減に成功した。

シーリングファンで空気を循環

従業員の意識改革に役立つ電気の「見える化」

 常務取締役の佐藤智栄氏は、省エネに取り組んだ価値をこう話す。「ビジネスの世界では何事も結果が求められるが、結果よりプロセスを大切にする考え方もある。しかし、そのプロセスには成長がなければ意味はない。電力量を下げられたことは素晴らしいが、目標を達成できなくとも、電気の使い方を意識したり、失敗を振り返ることに意味があり、この活動が従業員の成長につながった」。
 現在、デマンド目標設定値100kWに対して99kWで抑えられており、まだ伸び代はある。日本テクノの営業担当と二人三脚で、新たな取り組みにも挑戦していく。

意識改革につながる省エネ活動

Comment コメント

常務取締役 佐藤 智栄氏

同じラインのなかで作業に優先順位をつけ、従業員同士声をかけ合いながら数分間隔でマシンを立ち上げています。デマンド管理は、このように従業員の意識改革の1 つにもなっています。

Company profile
代表者代表取締役 佐藤 勝憲        
事業内容金属加工
従業員数27名
所在地岩手県花巻市

商品・サービスの詳細や導入について
お気軽にご相談ください
お問い合せ
商品・サービスの詳細や導入について
資料(PDF)をダウンロードいただけます
資料ダウンロード

関連記事

  1. 【製造業の省エネ】伝統を守り品質は落とさず業務は効率化

  2. 電気の「見える化」が全体のコスト見直しへ導く【株式会社サンメディック サンホーム小郡さま】

  3. 【小売業の省エネ】SMARTMETER ERIAが電気と真剣に向き合うきっかけに

  4. 【小売業の省エネ】「見える化」で業務を把握。使用電力量と生産量が反比例

  5. 常木鍍金工業株式会社 川口工場さま

    【製造業の省エネ】運用・設備改善の相乗効果で電力使用量約4割の削減

  6. 品質も電力の使用改善も働く社員の意識が重要

  1. 【小売業の省エネ】省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改…

    2019.10.10

  2. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  3. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  4. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  5. 【ホテルの省エネ】大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた…

    2016.12.20

  6. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    【ホテルの省エネ】これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協…

    2017.06.25

  7. 【製造業の省エネ】(株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再…

    2014.01.24

  8. 【小売業の省エネ】「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09