人が行う電気のムダ削減で 念願の黒字化を実現【株式会社清和 フレッシュマート松浦店さま】

株式会社清和 フレッシュマート松浦店さまの導入事例 [Case 376]

■ 省エネポイント

  • 室外の熱交換器に水をかけ冷やす
  • パッケージ商品の照明は照度を70%に
  • 冷蔵ケースは人の手で温度を管理

■ 導入効果

熱交換器をがんばらせない「水かけ冷却」

水かけで効率が上がる

水かけで効率が上がる

店舗東側に設置した冷蔵ケースや空調の熱交換器は日の出と共に直射日光で温度が上がり、開店時刻には既に熱をもっていた。これでは熱の交換効率が大幅に下がってしまう。スタッフがメーカーに問い合わせてみると、この交換器は防錆加工がしてあるので、水をかければ温度が下がると分かった。そこで夏場は1~2時間に1度のペースで水をかけることで、機械の負荷を下げている。

照明の照度は品物に応じて設定

照明の使い方も細かく検証

照明の使い方も細かく検証

 照明は、照度を抑えることで電力消費が減らせる。同店ではスタッフが什器ごとに必要な照明の明るさを逐一検証した。その結果、肉や魚などのフレッシュさがポイントとなる商品の照度は落とせないが、乳製品などのパッケージ商品の場合は照度を落としても購入行動に影響がないと分かった。そこでこれらの商品は照度を70%に設定。細かな配慮で電気のムダを少しずつ削っている。

温度管理を機械任せにしてはいけない!

温度を管理するコントローラー

温度を管理するコントローラー

特に夏場で来客が続いて外の熱気が店内に流入すると、冷蔵ケースが温度を下げようと一斉にフル稼働を始め、これが電力ピークと電気使用量の増加を招いていたという。この解決策はずばり「温度設定を機械任せにしない」こと。各種ケースの温度はコントローラーで一元管理できるので、急激に冷やすのでなく、品質に影響を与えない範囲で徐々に冷やすよう、担当者が温度をコントロールした。  この他にも退店時にはスタッフがすべてのケースにカバーやカーテンをかけるなど、地道な取り組みを重ねている。こうして削減した電気代はスタッフへと還元されている。

専務取締役 荒木 孝仁氏

専務取締役 荒木 孝仁氏

Comment コメント
専務取締役 荒木 孝仁氏
人口減や高齢化の影響で長いこと赤字に苦しんでいました。そこで黒字化のために日本テクノさんの協力の下、電気の使用状況を見える化すると共に人の手で徹底的に電気のムダをあぶり出し、改善を図りました。これにより経費が減って、売上が上がったのと同等の効果がありました。現在は黒字を維持しており、ちりが積もって山となったのを実感しています。

Company profile
代表者 清川 浩三
事業内容 スーパーマーケット
従業員数 約30名
所在地 長崎県松浦市

取材日:2017年2月

この事例のPDF版をダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 3点集中型の省エネ。効果の高い取り組みを優先【宮川バネ工業株式会社さま】

  2. 酒造りはパズルと同じ 最適な組み合せを探り当てる【瑞穂酒造株式会社さま】

  3. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズホテルさま】

  4. 電気使用量を下げ続ける 設備改善と人の工夫【ホテルサンパレス球陽館さま】

  5. 職員の意識の変化は「電気の見える化」が契機【学校法人みのり学園さま】

  6. シャッター扉の開閉を終えてから空調をONに

    生産性の向上に電気の見える化が貢献【株式会社スチールテックさま】