企業の省エネ成功事例

飲食業

アドバイスで実現した
年間約100万円のコスト改善

鳥羽割烹たまも様

飲食業

省エネポイント

  •  ピーク時は冷凍ストッカーの電源を切る
  •  冷蔵庫の霜取りは回数減、時間をずらす
  •  空調機の稼動タイミングもずらす

導入効果

省エネ策 自分たちの知識だけでは限界があった

 元々電気料金の決まり方は知っていたが、知識がなく、なかなか料金を削減できなかった。そんな折に日本テクノの営業担当からサービス内容を聞き、任せることにした。日本テクノの担当がまずアドバイスしたのが、年間最大の書き入れ時で、電力ピークも迎える夏場、特にお盆時期の電気の使い方だった。
 ピークの時間は冷凍庫(食材ストッカー)の電源を思い切って切る。「確かに、2時間くらい電気を切っても、蓋を開けなければ食材に影響を与えません。これは目から鱗でした」

写真:室外に設置された冷凍庫(食材ストッカー)

出荷時の初期設定のままでは不経済

 さらに営業担当がアドバイスしたのが、全部で4台ある冷蔵庫の霜取り機能の見直しだ。工場出荷時の設定で、この冷蔵庫は1日に5回、同時に霜取りを行うようになっていた。霜取りは瞬間的に霜を溶かす必要があるため、短時間で多くの電力を消費する。この回数を減らし、さらに時間もずらすことで、電力ピーク・電気使用量とも削減することができた。

写真:冷蔵庫の霜取りは出荷時設定のまま

エアコンの使い方でスタッフの省エネ意識を醸成

同園の使用電力の約8割は空調で、夏場に電力ピークを迎えていた。そのためピークを下げ、なおかつ全体の使用量を減らすためにルールを定め、職員全員で取り組んだ。
まず決めたのが送迎バスの到着時間に合わせ、各教室の空調を入れる時間をタイマーでずらし、ピークを下げること。そして使用電力量を減らすために、室外機に遮光カーテンを掛け、さらに教室南側の開口部に日よけを設置した(写真2)。この日よけを使ってもSMART CLOCKの色が変わってしまう場合のみ、各教室の空調の温度設定を変更している。

写真:配膳スペースに掲示された注意書き

Comment コメント

二代目若女将 奥川 清佳氏
最も混むお盆が基準となり、冬でも高い基本料金を払うのは納得できませんでした。そんな折日本テクノから提案を受け、自分たちで努力していた以上に電気料金が引き下げられそうだと分かり、契約しました。担当のアドバイスは、いずれも自分たちでは思いつかない発想。早速その年から効果が上がり、大変満足しています。

Company profile カンパニープロフィール

代表者 奥川 清佳
事業内容 日本料理店
従業員数 10名
所在地 三重県鳥羽市

取材日:2016年12月
※「SMARTMETER」(スマートメーター)は日本テクノ株式会社の登録商標です。電気機器のご利用方法の詳細についてはメーカーにお問い合わせのうえ、安全性を十分にご確認ください。

お問合せ

日本テクノの製品・サービスに関するご質問、サービス導入のご相談など、お電話・WEBにて承っております。

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル 0120-308-512
受付時間:9:00-18:00(土日祝日を除く)

WEBからのお問合せ

下記お問合せフォームよりお問い合せください。

お問合せフォーム

Copyright© NIHON TECHNO CO.,LTD. All Rights Reserved.