日本テクノのお客さまが取り組むDR(デマンドレスポンス)事例を紹介します

【水産会社のDR事例】時間・価格によってすることを決めておく

価格の変動を電気の「見える化」機器で確認

関東地方で水産加工を行うA社。当社サイト「環境市場」をはじめ、SMART CLOCK、SMARTMETER ERIAの市場価格表示機能も活用し、卸電力市場価格を確認しながら業務を進めている。これまでは市場価格に関わらず業務手順は一定であったが、それを市場価格の変動に合わせてずらすことにした。業務開始前には魚の入荷スケジュールを把握のうえ、スマートフォンで市場価格を確認してから急速冷凍庫の稼働時間を決める。

スタッフも時間帯別の対応を徹底

価格が下がる時間帯には、大型冷凍庫を通常より低めの温度に設定して冷やしておく。これにより、価格が上がる時間帯の冷凍庫の稼働を抑えることができる。また、フォークリフトの充電などは価格が下がる時間帯でのみ行うこととした。季節によって価格が極端に上がる時間帯がある場合は、大型冷凍庫2台のうち1台を停止している。

こうした取り組みはスタッフにも浸透しており、作業前の価格確認が習慣化している。2021年12月はこうした活動の結果、1日の電気料金が約12%低減できた。

関連記事

  1. 【塗料製造会社のDR事例】市場価格を確認して工程を動かす

  2. 市場動向を意識した「上げDR」

  1. 空調・照明の「要」「不要」を見極める!

    2024.04.04

  2. 「電気は使って当たり前」という意識が変わった

    2024.03.21

  3. 省エネ意識の裾野を拡大!めざすは100人体制の省エネ

    2024.03.07

  4. 「見える化」が注意を喚起、課題は店舗の省エネ

    2024.02.22

  5. 「見える化」を活用し、業務品質を高めていく

    2024.02.08

  6. 凡事徹底の教育方針が「見える化」を後押し

    2024.01.25

  7. オフィスの省エネは空調で工夫、CO2削減を進めたい

    2024.01.18

  8. 空調の稼働抑制を実現した現場の工夫

    2024.01.11

  9. 店内改装で空調台数増加、電気の使い方をさらに意識する

    2023.12.21

  10. 未来を担う子どもたちとともに省エネを進めたい

    2023.12.07

  1. 【小売業の省エネ】「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  2. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育 「先生もう黄色だよ~」

    2019.05.09

  3. 【小売業の省エネ】「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員…

    2020.08.27

  4. 「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた取り組みで省エネを…

    2014.01.24

  5. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    【ホテルの省エネ】これが「見える化」効果。 お客さままで省エネ…

    2017.06.25

  6. オフィスの省エネで48コマ設定を使いこなす!

    2022.10.06

  7. 【小売業の省エネ】省エネとサービスの両立。 一歩踏み込む勇気が…

    2019.10.10

  8. 幼児期から省エネに親しみ、SMART CLOCKに込めた環境への思い

    2012.11.01

  9. 【製造業の省エネ】100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  10. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善

    2016.12.20