幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこどもえんさま】

2_imamuraw1200

学校法人今村学園 幼保連携型認定こども園 いまむらこどもえんさまの導入事例 [Case 415]

いまむらこどもえんさまの導入事例

■ 省エネポイント

  • 自然光を取り入れ照明を消す
  • 空調の運転設定でデマンド改善
  • 職員と園児が環境問題を意識

■ 導入効果

電気のムダをやめる習慣が定着

導入効果

電気と環境への考え

いまむらこどもえん園長の岡田美保氏が環境教育を強く意識し始めたきっかけは東日本大震災。園で行ったイベントの収益を、福島県南相馬市にある幼稚園に直接届けた際のことだ。「避難した園児たちが徐々に戻ってくる中、命がけで子どもたちのために頑張っておられる姿に教えられました。そして帰る時にある園児から“いまむらこどもえんの子どもたちを守ってあげてね!”と言われ胸を打たれました。未来を生きてゆく子どもたちに美しい環境を残したい。SMART CLOCKは電気を大切に使うことの重要性を子どもたちに伝えてくれます」

基本料金はコントロールできないと思っていた

全職員が空調の使用ルールを把握日本テクノから電気料金の仕組みや賢い電気の使い方などを教わるまで、岡田氏は基本料金は固定制だと思っていた。SMART CLOCKの色の変化を見ながら、自然光を取り入れ照明を消す、空調をつける順番や設定温度を意識するなど、園全体でムダな電力使用をやめていった。「当園は自然に学び、自然とともに生活をつくり出すことを理念におき、保育・教育に取り組んでいます。空調ひとつとっても過剰な温度設定をやめ、子どものうちに暑さや寒さに順応できるような体づくりを心がけています」

SMART CLOCKによる環境教育

世界の子供たちの写真緑は「セーフ」、黄色は「ちゅうい」、赤は「もう少しでアウト」と信号機のように色が変わるSMART CLOCKはわかりやすく、子供たちの電気に対する意識も変わった。今では園児らがSMART CLOCKを「電気の使い過ぎを知らせてくれる時計」と認識している。廊下に設置されたSMART CLOCKが黄色になると、子供たちはソワソワし始め、赤になったら大騒ぎで「先生!電気を消さなきゃ!」と伝えるようになった。

Comment コメント
園長 岡田 美保氏
人々はさまざまな環境で生きていますが、笑顔や幸せを求める心は同じだと感じてほしくて、長倉洋海氏による世界の子どもの写真を展示しています。色々な違いに気付く子どもの着眼点には驚かされます。30年後、今の子どもが地球にとって正しい選択をし、幸せな子育て環境を目標に、多くの課題を1つずつ解決していきます。
Company profile
代表者 理事長 瀧本 一慶
事業内容 幼保連携型認定こども園
従業員数 59名
所在地 大阪府高槻市

取材日:2018年3月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 「見える化」と意識が無駄を省く。全員で取り組む省エネ【及能株式会社さま】

  2. 従業員が導いた契約電力1/4削減 やる気が出る組織づくり【進栄化工株式会社 鶴見工場さま】

  3. 電気が見えて1歩目、電気が理解(わか)って2歩目【唐津水協商事株式会社さま】

  4. シャッター扉の開閉を終えてから空調をONに

    生産性の向上に電気の見える化が貢献【株式会社スチールテックさま】

  5. 職員の意識の変化は「電気の見える化」が契機【学校法人みのり学園さま】

  6. 3点集中型の省エネ。効果の高い取り組みを優先【宮川バネ工業株式会社さま】