職員と園児に芽生えた 省エネへの意識【学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園さま】

学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園さまの導入事例 [Case 400]

■ 省エネポイント

  • SMART CLOCKを見通しのよい場所に
  • 空調使用のルールを徹底
  • 遮光対策に手作りの日よけ

■ 導入効果

少子化の中、成長を続ける幼稚園
2階廊下の目に付くところにSMART CLOCKを設置

2階廊下の目に付くところにSMART CLOCKを設置

身体・精神・知識のバランスの取れた教育を標榜し、設立53年の歴史を刻んできた同園は、現在も園児数を順調に伸ばしている。「近年は幼稚園間の競争が激化しており、私たちも未就園児クラスの設定、ウェブ情報のこまめな更新と充実など、時代のニーズの変化に合わせて対応することで、地域の皆さまに愛される幼稚園を築いてきました」(事務長・小林正和氏)。少子化が進む中、成長を続ける同園にとって、職員の意識向上に大きく貢献したのがSMART CLOCKを活用した省エネだ。

SMART CLOCKは皆の目に付くところへ
この日よけはDIYの得意な送迎バスの運転手さんお手製

この日よけはDIYの得意な送迎バスの運転手さんお手製

年長クラスが過ごす2階廊下に設置されたSMART CLOCK。ここに設置したのは、職員はもちろん、園児たちにも省エネに興味を持ってもらうためだ。「ルールは信号と同じなので年長さんなら理解できます。園全体で取り組めば省エネ意識はより定着すると思いました」(小林氏)。同園では多忙な先生が色の変化を見逃しても、園児が気づき、注意を促す光景が見られる。

空調利用をルール化し、職員全員で取り組む
教室の空調は教員室で細かく設定できる

教室の空調は教員室で細かく設定できる

同園の使用電力の約8割は空調で、夏場に電力ピークを迎えていた。そのためピークを下げ、なおかつ全体の使用量を減らすためにルールを定め、職員全員で取り組んだ。
まず決めたのが送迎バスの到着時間に合わせ、各教室の空調を入れる時間をタイマーでずらし、ピークを下げること。そして使用電力量を減らすために、室外機に遮光カーテンを掛け、さらに教室南側の開口部に日よけを設置した(写真2)。この日よけを使ってもSMART CLOCKの色が変わってしまう場合のみ、各教室の空調の温度設定を変更している。

事務長 小林 正和氏

Comment コメント
事務長 小林 正和氏
未就園児の受け入れなどにより園児数が増加しているので、使用電力量は増えているものの、SMART CLOCKの活用で目標値に沿っておおむねコントロールできています。職員全員が電力の使用状況を把握することで、省エネ・省コスト意識は向上しました。今後もホールの空調運用方法の見直しなど、自分たちでできる改善を重ねていこうと考えています。

Company profile
代表者 理事長 小池 豊
事業内容 教育(幼稚園)
従業員数 20名
所在地 東京都府中市

取材日:2017年11月

この事例のPDF版をダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. エネルギーのロスを抑える設備と運用改善とは【株式会社アベ・サプライ 稲城事業所さま】

  2. SMART CLOCKは全員が見える位置に

    基本料金引下げを実現した 5分の別作業とは【エース商会株式会社さま】

  3. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこどもえんさま】

  4. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズホテルさま】

  5. 成功体験の共有で省エネ活動が習慣化 働き方改革にも貢献【株式会社平川カントリークラブさま】

  6. SMART CLOCKは1・2階に各2つを設置

    目的に沿って議論を深め働き方まで改革【こだま産業株式会社さま】