目的に沿って議論を深め働き方まで改革【こだま産業株式会社さま】

SMART CLOCKは1・2階に各2つを設置

こだま産業株式会社さまの導入事例 [Case 425]

■ 省エネポイント

  • 起動時間をずらしてピークを抑制
  • 現場スタッフが機械の運用ルールを制定
  • 効率を意識し、労働時間を短縮

■ 導入効果(導入時期:2016年7月)

意識変化による作業の効率化

導入効果

見える化で実現した「習慣の徹底」

こだま産業は食料品・化粧品など品質管理の厳しい包装資材を製造する企業。電気の「見える化」によるスタッフの省エネ意識定着を目的に、1・2階の加工場にSMART CLOCKを計4台、3階の事務所にSMARTMETER ERIAを設置している。もっとも電気を使用するのは製袋機(熱溶着加工機)で、朝一斉に電源を入れていた。代表取締役の熊本圭氏はこれまでも「ずらして立ち上げれば、電気料金が安くなるよ」と社員に教えていたが、必ずしも徹底されていなかった。しかし導入後は自然と時計の色の変化が行動指針となり、立ち上げをずらす習慣ができた。
製袋機の作業台周辺は1年中スポット冷房が稼働

意識が変われば働き方が変わる

SMART CLOCKは1・2階に各2つを設置勉強会を通じデマンド制などを理解するにつれ、スタッフはどうすればコストや業務効率が改善するのか考えるようになった。現在は製造・品質管理・業務の各課長が中心となって省エネに取り組んでいる。特に製造現場では機械の利用法について議論を深め、ピーク抑制のために昼休憩でも製袋機の電源を切らないなどのルールが誕生した。さらに省エネのために機械の稼働時間が減るよう意識して働こうと申し合わせ、残業時間を平均30分〜1時間程減らした。「残業手当が減る分は別の形で還元します。意識改善の結果としてコストが下がるというのは経営者にとって理想的です」

今後は設備改善にも着手

現在熊本氏は、さらなる使用電力量抑制を図るべく、屋上部への太陽光パネル設置(室温を下げ、売電収入も見込める)、古い空調の入れ替え、室外機の遮熱塗装と一部散水、さらに遮熱窓への入れ替えといった設備改善を年内に行う予定だ。「生産ラインなど本業以外の投資効果が実感できたので、こうした投資を今後も続け、労働環境とコストの改善に努めます」

代表取締役 熊本 圭氏Comment コメント
代表取締役 熊本 圭氏
「時計が赤く光ると皆で消せる機械がないか一生懸命探しており、“見える化”の効果は予想以上でした。私たちがつくる包装資材は、熟練した操作や正確な検品など、スタッフの努力に支えられており、社員は財産です。これからもコスト改善で得た原資で労働環境改善や福利厚生を充実させたいと思っています」
Company profile
代表者 代表取締役 熊本 圭
事業内容 包装資材製造
従業員数 約60名(2018年5月現在)
所在地 埼玉県草加市

取材日:2018年5月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 導入から半年で早くも効果あり!「見える化」の効果を再認識【株式会社協和精機さま】

  2. SMART CLOCKは全員が見える位置に

    基本料金引下げを実現した 5分の別作業とは【エース商会株式会社さま】

  3. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた取り組みで省エネを推進

  4. 「見える化」と意識が無駄を省く。全員で取り組む省エネ【及能株式会社さま】

  5. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこどもえんさま】

  6. 酒造りはパズルと同じ 最適な組み合せを探り当てる【瑞穂酒造株式会社さま】