節電要請の応えるDR(デマンドレスポンス)とはどのようなものか、その取り組み方を紹介

DR(デマンドレスポンス)とは

日本テクノが推奨するDR(デマンドレスポンス)とは、需給バランスに合わせ電気の使い方をコントロールすることを指します。

電気を安定的に供給するには、つくる量(供給)とつかう量(需要)を一致させる「同時同量」が重要です。しかし近年は再生可能エネルギーの導入などにより電源の多様化が進み、その結果、発電量の変動も増大しています。そこで需要側が電気の使い方をコントロールするDRの重要性が増しているのです。

DRには「上げのDR」と「下げのDR」の2種類があります。たとえば気温の穏やかな春・秋の日中などは、冷暖房需要が低下する一方で太陽光発電に代表される再生可能エネルギー(再エネ)が卸電力取引市場に多く流入するため、電力が余る時間帯が生じる(市場の価格が下がる)ことがあります。その時間帯の電気の使用をあえて増やすことを「上げのDR」と呼びます。この活動は再エネの活用促進にもつながります。

一方、厳寒期の暖房や厳暑期の冷房などで電力需要が急増する季節は、電力が不足する時間帯が生じる(市場の価格が上がる)ことがあります。その時間帯の電気の使用を減らすことを「下げのDR」と呼びます。当社が節電要請を呼び掛ける「DRプロジェクト」では「下げのDR」が活動の中心となります。

電力需要のひっ迫が予想される時間帯に節電活動を行っていただくために、日本テクノはDRプロジェクトにご参加いただいているお客さまに対しメールを送ります。メールには下げのDRを実践していただきたい時間帯が記載されています※。その時間帯の使用電力量を見直し、DRに取り組んでいただくことでポイントが付与されます。

※当社より電力供給を受け、DRプロジェクトにご参加いただいているお客さまはメールおよびデマンド閲覧サービスサイトなどで詳細をご確認ください。

DR(デマンドレスポンス)の実践方法は本サイトでも解説しています。なお、取り組みにあたっては省エネ手法も参考になります。ぜひ業種別の省エネ成功事例もご参照ください。

関連記事

  1. 日本テクノのDRプロジェクト

  2. DR(デマンドレスポンス)の実践方法

  3. 【水産会社のDR事例】時間・価格によってすることを決めておく

  4. 【塗料製造会社のDR事例】市場価格を確認して工程を動かす

  1. 試行錯誤を重ねながら使用電力量低減中

    2023.01.26

  2. 現場での体感温度がデマンド管理の決め手

    2023.01.11

  3. 見える化でスケジュール管理、1日の目標決めて行動

    2022.12.22

  4. 小ロットの特色を活かし省エネ、現場の協力が成功を導く

    2022.12.08

  5. 数値の変化を発信することで、意識の変化へつなげる

    2022.11.24

  6. 子どもとともに環境問題に向き合う

    2022.11.17

  7. お客さまの滞在エリアに合わせて省エネ

    2022.11.10

  8. 委員会活動を通じた省エネを実施

    2022.10.27

  9. ポンプと空調稼働の調整が省エネの肝です

    2022.10.13

  10. 適切な設備改善で電力ピークもダウン

    2022.09.21

  1. 「SMART CLOCK」効果で省エネは新たなステージへ!

    2022.04.07

  2. 【小売業の省エネ】ワクワクと感動提供の舞台裏では徹底してムダを…

    2020.06.25

  3. デマンドピークの原因は照明 「見える化」で正しい対策が可能に

    2013.05.01

  4. シフト調整を行い工場の稼働を停止

    2022.09.08

  5. 【製造業の省エネ】100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  6. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  7. 【小売業の省エネ】省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改…

    2019.10.10

  8. SMART CLOCKは麺の包装工程室に設置

    【製造業の省エネ】契約電力を前年比26.8%改善、カギはピーク分散…

    2021.09.09

  9. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  10. 【小売業の省エネ】「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員…

    2020.08.27