一人ひとりが考えて行動。省エネ意識の醸成がカギ【株式会社インテックスさま】

株式会社インテックス

株式会社インテックスさまの導入事例 [Case 414]

■ 導入効果 [導入時期2015年12月]

省エネ意識の醸成による新たな社内連携

■ 省エネポイント

  • 一人ひとりが考えて行動する
  • 「見える化」がコミュニケーションツール
意識して行動することが省エネにつながる

「特別なことは何もしていません。とにかく意識して行動することの重要性は以前から伝えてきました。それが電気の“見える化”や日本テクノさんの省エネの考え方と合致しました」。そう話してくれたのは、専務取締役の福井英二氏。同社は、産業廃棄物処理を中核とした総合リサイクル企業で、独自技術で資源の再利用に取り組んでいる。省エネ活動に力を入れているのは、それが人財育成につながるからだ。

処理設備を新規導入して生産性を向上

一人ひとりが考えて行動することが重要

同社が目指したのは、あくまで無理のない省エネ活動。日々の業務の延長上に省エネがあるという考え方だ。「一人ひとりがどうなりたいか考えて行動するのが大切で、ただ漠然と働いていては、時間と電気をただやみくもに消費するだけです。自分のこととして置き換えた場合、家でも同じような電気の使い方をするかどうか。その考え方が必要です」。日本テクノのSMARTMETER ERIA(以下、ERIA)は、どのタイミングで電気を多く使っているか、それを意識するのに最適のシステムだと福井氏は考え、導入した。

省エネが社内のコミュニケーションツール

同社では、ERIAからアラームが鳴ると、事務所から処分場内全員に無線で報告するルールがある。図らずもこれが従業員同士のコミュニケーションになり、新たな連携が生まれる。「会社からは何か特別なことを要求するわけではなく、意識してほしいというメッセージを届けているだけ。それでも外灯の消し忘れがあった際は、意識だけでは実践が伴わない状況に直面し、自動的に電源OFFとなるタイマー設定を行い、科学的管理法を導入しました。今後も意識の継続にERIAを役立てていきます」。

Comment コメント
専務取締役 福井 英二氏
デマンドピークが電気の基本料金に直結するのは、日本テクノさんからお話を聞くまで知りませんでした。破砕機やプレス機を同時に稼働するとアラームが鳴ることがわかったのが収穫。稼働のタイミングや不必要な稼働を気にするようになり、自分たちの仕事と電気の関連性も意識するようになりました。
Company profile
代表者 代表取締役社長 金山 昇司
事業内容 産業廃棄物収集運搬・処分業など
従業員数 54名(2018年3月現在)
所在地 岡山県岡山市

取材日:2018年3月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 成功体験の共有で省エネ活動が習慣化 働き方改革にも貢献【株式会社平川カントリークラブさま】

  2. 省エネが生んだ介護設備・機材の充実【社会福祉法人宣長康久会 ささづ苑さま】

  3. 電気が見えて1歩目、電気が理解(わか)って2歩目【唐津水協商事株式会社さま】

  4. エネルギーのロスを抑える設備と運用改善とは【株式会社アベ・サプライ 稲城事業所さま】

  5. 「見える」「理解(わか)る」が実現した継続的な省エネ【株式会社越村商店 松任店さま】

  6. 常木鍍金工業株式会社 川口工場さま

    運用・設備改善の相乗効果で電力使用量約4割の削減【常木鍍金工業株式会社 川口工場さま】