伝統を守り品質は落とさず業務は効率化

梅乃宿酒造株式会社 本蔵・東蔵さまの導入事例 [Case 426]

■ 導入効果-「見える化」による状況把握で課題を明確化(本蔵・東蔵合計)

導入時期2017年1月

■ 省エネポイント

    • 水銀灯のLED化
    • 毎日の朝礼で部署ごとの電力使用状況を共有
    • 徹底した業務改善で残業抑制
「見える化」で労働の質を上げる

温度を管理し、発酵をコントロールするサーマルタンク創業125年の梅乃宿酒造は本蔵・東蔵・物流センターで日本テクノのサービスを導入している。電気の「見える化」が契機となり、全体朝礼で各部署の電力使用状況の共有が習慣化し、さらに製造現場では多岐にわたる酒造工程を見直し、業務効率を上げようという機運が生まれた。水銀灯のLED化や使用電力の多い設備の立ち上げをずらした他、東蔵では残業の抑制にも取り組んだ。
 「人の動きを減らす徹底的な効率化を考えました。たとえば瓶詰めと殺菌の工程をコンベアでつなぐなど、さまざまな業務で省力化を図っています」(商品管理部 上川竜弥氏)その結果、東蔵の残業時間は-48.4%と大きく改善、デマンド値も約10%改善した。

日本酒製造の難しさ

細かくルールを決め、全員で徹底 一方、本蔵のデマンド値は導入前とほぼ変わらないが、使用電力量は増加している。「原因は売れ行き好調なこと。仕込みを増やし、発酵促進用のサーマルタンク(温度管理タンク)を増設、24時間稼動させています。発酵は私たちの味と品質を決める重要な工程。品質を落とさずに省エネするため、タンクの熱交換部分に扇風機を当てたりしてみましたが、残念ながら効果はありませんでした」。

さらなる業務効率化に向けて

タンク内を櫂棒でかきまぜる 発酵、瓶詰、出荷、すべてのタイミングが合えばサーマルタンクで保管している出荷可能になった原酒の冷却を抑えられる。天気や気温に配慮しつつ、どのタイミングで瓶詰めすればエネルギー消費を最小化できるのか。複合的な対策が必要だが、上川氏は「従来は決まった工程に沿って作業を進めるだけでしたが、今は皆が簡単に諦めなくなりました。電気の“見える化”で明確になった課題に対し、解決策を出し合っています」と話す。酒造りを愛するスタッフの表情は明るく、楽しみながら難題解決に取り組んでいる。

Comment コメント
商品管理部 上川 竜弥氏
環境委員の取り組みの1つとして省エネに取り組んでいます。環境委員は日々これでいいのか絶えず考え、チャレンジ精神で省エネに努めています。結果、電気使用量の改善、コストの抑制につなげることができました。これからもムリ・ムダ・ムラのない環境づくりを目標に精進していきます。
Company profile
代表者 代表取締役 吉田 佳代
事業内容 日本酒、リキュール、各種酒類の製造・販売、商品開発
従業員数 92名(2018年6月現在)
所在地 奈良県葛城市

取材日:2018年6月

関連記事

  1. SMART CLOCKは1・2階に各2つを設置

    目的に沿って議論を深め働き方まで改革【こだま産業株式会社さま】

  2. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこどもえんさま】

  3. 省エネ3方策「運用・調達・設備」改善を実現!【大阪アサノコンクリート株式会社 淀川工場さま】

  4. 電気が見えて1歩目、電気が理解(わか)って2歩目【唐津水協商事株式会社さま】

  5. 「見える化」で業務を把握。使用電力量と生産量が反比例【福豊帝酸株式会社さま】

  6. 省エネは全社共通の課題。持続可能な活動を目指して【日本新薬株式会社 大阪支店さま】