省エネはコミュニケーション。全員で楽しく【社会福祉法人 清心福祉会 八王子市高齢者在宅サービスセンター石川さま】

社会福祉法人 清心福祉会
八王子市高齢者在宅サービスセンター石川さまの導入事例 [Case 411]

■ 導入効果「職員と利用者のコミュニケーション強化」


[導入時期2007年6月]

■ 省エネポイント

    • 不要な照明はオフ
    • コピー・シュレッダーは5分で自動オフ
    • 利用者も一緒に省エネ
根底にあるのは信頼関係

本センターは高齢者にデイサービスを提供する通所介護施設。センター長の本館秀樹氏は「職員全員が、自分たちが老後に通いたいと思えるようなサービスの提供を心がけている」と話す。常に利用者と向き合い、コミュニケーションを通じて要望を伺い、工夫してそれに応えるのが同センターの信条。「利用者とは様々な事柄についてよく話し合いますが、職員も利用者も遠慮なく言い合います。日々のコミュニケーションで信頼関係が醸成されています」(主任 宇野弘昭氏)

「SMART CLOCK」がコミュニケーションを深める

日中窓側はほとんど照明を入れない同センターでは利用者が目にしやすいよう、活動室の入り口上部に「SMART CLOCK」を設置し、省エネに取り組んでいる(写真1)。窓の周囲の照明は点けない(写真2)、コピー・シュレッダーは使用後5分で自動オフにするなど、省エネルールを設けた。「SMART CLOCK」はあえて目標値を低く設定し、頻繁に赤く光らせているという。「面白いもので赤くなると、利用者が“早く空調を止めよう”と職員に言うようになりました。時計の色がコミュニケーションのきっかけになっています」(本館氏)

市役所が省エネの視察に来訪

八王子市の行革推進課が作成した視察報告同センターではこの他にも「MYはし持参」「MYハンカチ持参」など環境資源保護に取り組み、利用者も協力している。こうした取り組みの評判を聞き、八王子市の行革推進課が省エネ視察に来たこともあるほどだ。「ただ、こうした活動は利用者の理解が前提であり、決して無理強いはしません。私たちにとって省エネをはじめとする取り組みは、皆で楽しく行動することでコミュニケーションを深め、一体感を生む“ツール”でもあるのです」(宇野氏)

Comment コメント
主任 宇野 弘昭氏(左)/センター長 本館 秀樹氏(右)
省エネの目的は自分たちの工夫でムダを見つけ、改善すること。これでコストを削減しようとは思っていません。介護は確かに大変な仕事です。しかし自分たちで業務品質を高め、誇りを持って働く、そして利用者に寄り添いながらも特別視はせず、対等にコミュニケーションを取る。こうしたことが働き甲斐につながり、サービスの質を高めると考えます。
Company profile
代表者 理事長 青木 訓行
事業内容 通所介護(デイサービス)
従業員数 34名
所在地 東京都八王子市

取材日:2018年3月

この記事のPDFをダウンロードする。
(フォーム送信後に資料をダウンロードいただけます。)
ダウンロード

関連記事

  1. 職員の意識の変化は「電気の見える化」が契機【学校法人みのり学園さま】

  2. 3点集中型の省エネ。効果の高い取り組みを優先【宮川バネ工業株式会社さま】

  3. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

  4. 職員と園児に芽生えた 省エネへの意識【学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園さま】

  5. 従業員が導いた契約電力1/4削減 やる気が出る組織づくり【進栄化工株式会社 鶴見工場さま】

  6. 電気の「見える化」が全体のコスト見直しへ導く【株式会社サンメディック サンホーム小郡さま】