デマンドを上げないルールを決めて電気をスマートに使う【株式会社境鉄工所さま】

株式会社境鉄工所さまの導入事例 [Case 423]

■ 導入効果「浮いた経費で福利厚生を充実」


導入時期2015年5月

■ 省エネポイント

    • 水銀灯からLEDに入れ替え使用電力量を大幅改善
    • 溶接の連続運転を避けるため作業工程を工夫
    • 生じた利益は社員に還元
水銀灯をLEDに入れ替え使用電力量が半分に

鉄骨の設計・溶接・組み立てで年々事業規模の拡大を続けてきた境鉄工所。しかし「電気の使い方には無頓着だった」(代表取締役社長 境正信氏)という。電気の「見える化」に魅力を感じ、2015年に日本テクノのサービスを導入した。まず取り組んだのが工場内の水銀灯18灯をLEDへ入れ替えることだった。水銀灯は当時約400Wのものを使用していたが、LEDであれば半分の電力量(200W)で同等の明るさが得られる。これにより使用電力量を大幅に改善させた。

複数個所の溶接に工夫あり

デマンド値を越えそうなときは連携して違う作業を行うことも

「加工件数増により導入前に比べ売上は1.5倍に増えています。溶接機の台数は2014年の6台から8台、11台となりました。使用電力量は現在も増えていますが、先述のLED化が影響しており、電気料金は以前よりも低く抑えられています。これはデマンド値を上げない、溶接担当の工夫が効いています」。
 たとえば複数個所を溶接していてSMART CLOCKが黄色くなった場合、溶接を終えたスタッフは他のスタッフが溶接を終えるのを待ち、その後は表示の色を見ながら溶接を継続するか、他の作業を行うか判断する。「時計が赤くなるほど溶接が立て込むのは年に数回。そんなときは塗装や加工など、他の作業を行うようにして目標値を超えないようにしています」。

利益は社員に還元、新工場も建設

LED化で使用電力量を大幅に改善し、その後もデマンド値を抑え、電気料金の抑制に成功している同社。経費削減で生まれた利益を社員に還元し、モチベーションアップにつなげているという。「3月は社員旅行で台湾に行きました。さらに増え続ける業務に対応するため、近隣に現工場(500坪)の6倍の広さを持つ新工場を建設中です。新工場でも電気を“見える化”し、ムダなく業務を運営したいですね」。

Comment コメント
代表取締役 境 正信氏
祖父の代から70年続く鉄工所で、信用第一に仕事に取り組み、徐々に業容を広げてきました。
一緒に成長してくれる社員は宝です。工場の新設で人も増えますが、明るく前向きに、楽しく仕事をしていきたいと思います。
Company profile
代表者 代表取締役 境 正信
事業内容 鉄骨設計・溶接
従業員数 20名(2018年5月現在)
所在地 長崎県長崎市

取材日:2018年5月

関連記事

  1. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまもさま】

  2. 「放っておけない」人の良心に訴えかけるSMART CLOCK【株式会社中村鏡製作所さま】

  3. これまで以上に電気を使えば経費削減!?【有限会社 福田商店さま】

  4. 職員と園児に芽生えた 省エネへの意識【学校法人桐誠学園 府中新町幼稚園さま】

  5. 人が行う電気のムダ削減で 念願の黒字化を実現【株式会社清和 フレッシュマート松浦店さま】

  6. 社長自らのDIYで経費のムダをそぎ落とす!【有限会社ホワイトさま】