佐世保市民に親しまれ65年、皆さまの“嬉しい”を大切に

ぽると総本舗 株式会社白十字パーラーさまの導入事例 [Case 424]

■ 導入効果:「見える化」によるムダの発見


導入時期2016年8月

■ 省エネポイント

    • デマンド目標値を毎月変更
    • 空調はこまめに調整
    • 奥の手は「冷蔵庫・冷凍庫一時OFF」
お客さまが幸せに感じる空間をつくる

佐世保の地で65年親しまれてきた地元を代表する銘菓『ぽると』。製造・販売するのは白十字パーラーだ。同社は工場、レストラン併設の本島本店、小売および包装・梱包を行う京町支店で日本テクノのサービスを導入している。
 「私たちが提供するお菓子やお食事は嗜好品であり、食を通じて日常にないちょっとした喜びや楽しみを提供したいと思っています。“見える化”はそうしたお客さまの気持ちを損なわず、自分たちの工夫で省エネに取り組めると感じ、導入を決めました」(代表取締役 近藤英三氏)

空調のこまめなON・OFFと温度設定を徹底

本店のデマンドピークは夏。開店前に空調を稼動すると休憩スペースに設置したSMART CLOCKの色が変わる。「立ち上げ時間をずらし、開店後の客数に応じて温度や稼動台数を調整します。空調をONにした直後は注意するようスタッフに伝えています。夏場で多数のご来店があり、使用電力量が目標設定値に近づいたときは一時的に冷蔵庫や冷凍庫の電源を落とすこともあります。これは奥の手です」。ちなみに気温変化に応じ、近藤氏が月ごとに自らSMARTMETER ERIAで目標値を変更し、年間を通じてムダの削減に取り組んでいる。

「見える化」がもたらした意識の変化

その他にも梱包スペースはサーキュレータを併用することで空調の稼動を抑える、工場の空調は設定温度をこまめに変更するなど、「見える化」を通じバックヤードで省エネに取り組む意識が定着した。「これまでは使っていない冷凍ストッカーの電源が入っているようなことがありましたが、“見える化”によってこうしたムダはなくなりました。スタッフの自然な省エネ行動を引き出せていると感じます」。

Comment コメント
代表取締役 近藤 英三氏
サービス導入直後、真夏の夜中に本店が停電し、私の携帯に緊急通報がありました。緊急工事により翌日は無事に営業できたのですが、そのとき24時間監視のよさを実感しました。これからも変わらぬ味をご提供し続け、佐世保の皆さまに寄り添うような気持ちで事業を続けてまいります。
Company profile
代表者 代表取締役 近藤 英三
事業内容 食品製造・小売
従業員数 50名(2018年5月現在)
所在地 長崎県佐世保市

取材日:2018年5月

関連記事

  1. 社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま

    昼夜の目標値を使い分けて、省エネ意識に緩みなし!【社会福祉法人江刺寿生会 養護老人ホーム江寿園さま】

  2. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSUTAYA上野店さま】

  3. 導入から半年で早くも効果あり!「見える化」の効果を再認識【株式会社協和精機さま】

  4. 電気使用量を下げ続ける 設備改善と人の工夫【ホテルサンパレス球陽館さま】

  5. 職員の意識の変化は「電気の見える化」が契機【学校法人みのり学園さま】

  6. 省エネ成功の秘訣は運用改善と設備改善の相乗効果【スーパーQAさま】