「もっと知りたいエコロジー」…過去に当社「省エネの達人 企業編」サイト内のコラムで紹介したテーマで、文字量の関係などで伝え切れなかったお話を掲載します。

中小企業版RE100「再エネ100宣言RE Action」

省エネの達人『企業編』省エネコラムvol.139では再生可能エネルギー(再エネ)で事業の電気をまかなう「RE100」についてご紹介しました。「RE100」とは、企業が使う電力を最終的に太陽光や風力などの100%再エネに切り替え、温室効果ガスの排出量を削減し、地球温暖化の抑制を図る団体です。ただしRE100に加入するにはグローバルに展開している企業であることなど、いくつかの条件があります。そこで今回はそのコラムのなかで簡単に紹介した、中小企業版RE100である「再エネ100宣言RE Action」についてご紹介します。

「再エネ100宣言 RE Action」とは、企業や自治体、教育機関、医療機関などが使用する電力を100%再エネに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みです。これはグリーン購入ネットワーク(GPN)、イクレイ日本(ICLEI)、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)、日本気候リーダーズパートナーシップ(JCLP)の4団体が立ち上げたもので、2020年2月現在57団体が参加しており、環境省などの省庁や神奈川県、熊本県などの自治体もアンバサダーとして参加しています。

再エネ100宣言 RE Actionへの参加条件は、次の3つです。
・遅くとも2050年までに使用電力を100%再エネに転換する目標を設定し、対外的に公表すること
・再エネ推進に関する政策エンゲージメントの実施
・消費電力量、再エネ率などの進捗を毎年報告すること
ちなみにRE100の参加条件は全8項目で、それと比べるこちらは基準が緩和されています。

参加する最大のメリットとしては、参加条件にあるように遅くとも2050年までに100%再エネをめざし公表するため、地球環境にやさしい会社であることを外部にアピールできる点ではないでしょうか。そのほかにも、「名刺や会社案内などで再エネ100宣言 RE Actionのロゴが使用できる」「具体的な再エネ導入情報の収集や参加団体間の交流などを目的としたウェブコンソーシアムへ参加できる」「RE100参加企業や、GPN,イクレイ日本,JCLPの加盟団体などと交流できる」といったメリットが挙げられます。

また、参加費は企業で年額25,000円(従業員10人以下の場合)からと支払いやすい金額になっています。今後も参加する団体が増えていくことが予想されます。

地球全体のことを考えれば温暖化対策は大企業だけのものではなく、中小企業の取り組みも重要です。皆さんの団体でも未来の地球環境を守るため、検討してみてはいかがでしょうか。

コラムVol.139「二酸化炭素を出さない電気?世界で増える“RE 100”」は下記からご覧ください。
http://www.eco-tatsujin.jp/column/vol139_d.html

関連記事

  1. 今月のことば:「森林破壊」とは?

  2. 今月のことば:「再生可能エネルギー 風力発電」とは?

  3. 今月のことば:「5R」とは?

  4. 食品ロス問題

  5. 保護中: 今月のことば:「砂漠化」とは?

  6. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  1. 大事な部分は今も人の手、手間より電気のムダ省く

    2020.05.21

  2. 「客商売だからできない」→「客商売でもできることを探す」

    2020.05.07

  3. 成果は自分たち次第で不安…でも意外と簡単だった省エネ

    2020.04.23

  4. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  5. 佐世保市民に親しまれ65年、皆さまの“嬉しい”を大切に

    2020.03.26

  6. デマンドを上げないルールを決めて電気をスマートに使う【株式会社…

    2020.03.12

  7. 省エネは全社共通の課題。持続可能な活動を目指して【日本新薬株式…

    2020.02.27

  8. 省エネ成功の秘訣は運用改善と設備改善の相乗効果【スーパーQAさま】

    2020.02.13

  9. 生産性向上の秘訣はメリハリ。使うべきときに備えて省エネ【進興鍍…

    2020.01.23

  10. 「放っておけない」人の良心に訴えかけるSMART CLOCK【株式会社中村…

    2020.01.09

  1. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  2. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省…

    2009.12.24

  3. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  4. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  5. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  6. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  7. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  8. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09