「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:「森林火災」とは?

近年、大規模な森林火災が世界各地で発生しています。皆さんもニュースなどで見覚えがあると思いますが、2019年から続いていたオーストラリアの火災では、日本の面積の約3分の1にあたるおよそ1,200万ヘクタール以上の森林が火災で焼失しました。そのほかにも、2019年以降、これまであまり例のなかった北極圏に近いシベリアやアラスカで森林火災が多発しています。

森林火災とは、山や森林で広範囲にわたって発生する火災のことで、山火事や山林火災とも呼ばれます。森林火災の原因には自然発火と人為的要因の2つがあります。

自然発火とは、雷や火山の噴火などにより発生する森林火災です。この森林火災は昔から起こっていた現象で、成長した森林が火災により焼けることで新しい樹木の誕生を促し、多様性を維持するために必要なことと考えられています。

一方、人為的要因とは、焚き火やタバコの火の不始末、放火、焼畑農業といった人間の営みによるものです。

先程のオーストラリアの森林火災は、なぜここまで燃え広がったのでしょうか。原因はどうやら地球温暖化と関係があるようです。オーストラリアを例に取りますと、2019年は観測史上もっとも気温が高く、平年を約1.5度上回りました。また降雨量も平年と比べて4割少なかったといいます。

このような高温かつ乾燥した状況で雨を伴わない雷「ドライライトニング」が森林に落ち、自然発火による火災が発生しました。ドライライトニングによる森林火災は、アメリカ・カリフォルニア州でも多く発生しています。気候変動が進めば乾燥した地域はより乾燥し、火災が起こりやすい状況になっていくものと考えられます。

また、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)も、報告書のなかで地球温暖化が森林火災を増加させていくと警鐘を鳴らしています。本来ならばCO2の減少に大きく貢献するはずの森林が、火災によってCO2を増加させる原因となっています。

関連記事

  1. 今月のことば:サンゴの白化現象とは?

  2. 今月のことば:サステナビリティとは?

  3. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  4. 今月のことば:「ヒートアイランド現象」とは?

  5. Photo by photo AC

    今月のことば:エシカル消費

  6. 保護中: 今月のことば:海面上昇とは?

  1. 時代に合わせ販売手法やコストを見直し

    2020.11.12

  2. 従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  3. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  4. 開閉5秒以内!冷蔵室の運用改善で段階的な意識の進化

    2020.09.24

  5. 牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

    2020.09.10

  6. 「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員の特別賞与に

    2020.08.27

  7. 売上UPしながら電力量DOWN!「見える化」で曖昧が明確に

    2020.08.13

  8. 1℃の差が命取り。「見える化」で胡蝶蘭を美しく育てる

    2020.07.22

  9. 職員一人ひとりがコスト意識を持ち業務に取り組む

    2020.07.09

  10. ワクワクと感動提供の舞台裏では徹底してムダを改善

    2020.06.25

  1. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  2. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  3. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  4. アルカーサル迎賓館 川越:見える化が社員の意識変化を引き起こし省…

    2009.12.24

  5. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  6. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  7. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  8. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20