「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:「ヒートアイランド現象」とは?

ヒートアイランド現象とは、都市部の気温がその周辺地域に比べて高くなる現象です。気温の分布図を描くと、高温域が都市部を中心に島のような形状に分布することから、「熱の島=ヒートアイランド」と呼ばれるようになりました。

ヒートアイランド現象が起こる要因は主に3つあります。1つ目は地表面が、建物や舗装によりコンクリートやアスファルトで覆われていることが挙げられます。これらの場所は植物による水蒸気の蒸散効果がないため、田園や森林などに比べ、太陽の熱を受け、温度が高くなってしまうのです。

2つ目は建物などが密集していることです。これにより風の通り道がふさがれ、熱が溜まりやすくなります。

3つ目は人工排熱です。人工排熱とは空調の室外機や自動車、工場などから出される熱のことです。ただし、この人工排熱は前の2つの原因より比較的、影響は少ないことがわかっています。

それではヒートアイランド現象と最近話題の「地球温暖化」は何が違うのでしょうか。気温が上昇するという現象は同じですが、ヒートアイランド現象は都市部に限られる点が地球温暖化とは大きく違います。また、地球温暖化は主にCO2などの温室効果ガスによるものですが、ヒートアイランド現象は地表面被覆の人工化(コンクリート・アスファルト化)や建物の密集化、人工排熱などが主な原因です。

ヒートアイランド現象を少しでも抑えるにはどうしたらよいでしょうか。簡単にできる対策としては、ガーデニングやグリーンカーテンなどで緑を増やす、朝夕の比較的涼しい時間に打ち水で路面やベランダを冷やす、無理のない省エネで人工排熱を減らすなどの方法があります。一人ひとりにとっては小さな取り組みでも、みんなで行えばきっと大きな力になっていきます。

関連記事

  1. 今月のことば:「パリ協定」とは?

  2. 今月のことば:サンゴの白化現象とは?

  3. 今月のことば:「砂漠化」とは?

  4. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  5. 今月のことば:低炭素社会とは?

  6. 今月のことば:「森林火災」とは?

  1. 生産性向上・省エネまで、見える化がもたらす波及効果

    2021.01.07

  2. 電気が見えてわかってきた「賢い電気の使い方」

    2020.12.24

  3. 省エネで地域医療と福祉・健康に貢献!

    2020.12.10

  4. 100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  5. 時代に合わせ販売手法やコストを見直し

    2020.11.12

  6. 【葬祭業】従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  7. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  8. 開閉5秒以内!冷蔵室の運用改善で段階的な意識の進化

    2020.09.24

  9. 【酪農業】牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

    2020.09.10

  10. 「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員の特別賞与に

    2020.08.27

  1. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  2. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10

  3. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  4. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  5. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  6. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  7. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  8. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25