「今月のことば」…最近話題の環境・エコ・省エネに関することばを解説します。

今月のことば:ラニーニャ現象とは?

今冬はラニーニャ現象の発生により、厳しい寒さが訪れる可能性があります。

ラニーニャ現象とは、南米のペルー沖の海面温度が平年より低くなる現象です。ラニーニャは、定常的に吹く東風(貿易風)が強まることに起因しています。南米から太平洋に吹く東風が強まると、太平洋の西側にある暖かい海水が西側にとどまり、太平洋全体の海面温度が下がります。さらにインドネシア付近の暖かい海水はその場に停滞し、積乱雲が発達します。そうすると日本上空は高気圧におおわれます。気象現象なので必ずではありませんが、日本上空の高気圧により夏は晴天が続き猛暑に、冬は西高東低の気圧配置が強まるため厳冬になる傾向があります。南米の気象の変化が遠く離れた日本の気象にも影響を与えるのです。ちなみに、ラニーニャとはスペイン語で「女の子」という意味。1985年にアメリカの海洋学者がこの名称を提唱し、定着したそうです。

また、ラニーニャの逆の現象で東風の弱まりによる海面温度の上昇をエルニーニョ現象といいます。

2020年9月、気象庁は「ラニーニャ現象が発生したとみられる」と発表しました。まだ記憶されている方も多いと思いますが、2018年2月に福井県で記録的な大雪が降ったのもラニーニャ現象の影響といわれています。この時は豪雪のため道路で1千台以上の車が立ち往生し、物流がストップしました。今冬も厳冬となり大雪が降る可能性があるかもしれません。長期予報などをチェックし、早めに大雪に対する準備を行い、備えあれば憂いなしとしたいですね。

関連記事

  1. 今月のことば:「再生可能エネルギー 太陽光発電」とは?

  2. 今月のことば:「卒FIT」とは?

    今月のことば:「卒FIT」とは?

  3. 今月のことば:海面上昇とは?

  4. 保護中: 今月のことば:カーボン・オフセットとは?

  5. 今月のことば:低炭素社会とは?

  6. 今月のことば:「砂漠化」とは?

  1. 生産性向上・省エネまで、見える化がもたらす波及効果

    2021.01.07

  2. 電気が見えてわかってきた「賢い電気の使い方」

    2020.12.24

  3. 省エネで地域医療と福祉・健康に貢献!

    2020.12.10

  4. 100年企業から200年企業へ、日々挑戦

    2020.11.26

  5. 時代に合わせ販売手法やコストを見直し

    2020.11.12

  6. 【葬祭業】従業員がメッセージアプリで省エネ情報を交換

    2020.10.22

  7. 電気も業務も同じ。「見える化」は改善のきっかけ

    2020.10.08

  8. 開閉5秒以内!冷蔵室の運用改善で段階的な意識の進化

    2020.09.24

  9. 【酪農業】牛乳の安定供給が最優先。1年で契約電力を大幅改善

    2020.09.10

  10. 「我慢」と「ケチり」はしない、浮いた分は全員の特別賞与に

    2020.08.27

  1. 「見える化」でよりコストへの意識が深化する

    2020.04.09

  2. 大規模ホテルで電力削減 食事メニューに合わせた省エネ術【奈良ロイ…

    2016.12.20

  3. ロビーに設置したSMART CLOCKがお客様へも省エネを呼びかける

    これが「見える化」効果。お客様まで省エネに協力【宮崎ライオンズ…

    2017.06.25

  4. 【婚礼事業】見える化が社員の意識変化を引き起こし省エネが進む

    2009.12.24

  5. (株)伊藤園 関西茶業:「見える化」の重要性を再認識 時間帯に応じた…

    2014.01.24

  6. アドバイスで実現した 年間約100万円のコスト改善【鳥羽割烹たまも…

    2016.12.20

  7. 2_imamuraw1200

    幼い頃から時計で環境教育「先生もう黄色だよ~」【いまむらこども…

    2019.05.09

  8. 省エネとサービスの両立。一歩踏み込む勇気が改善に【岡森書店・TSU…

    2019.10.10